『今日からできる ゼロストレス営業』発売即重版記念 河合克仁×成瀬拓也 【無料オンライントークライブ】 すべての仕事に「営業力」を!5月24日(火)19時より開催!

株式会社すばる舎(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:徳留慶太郎)は河合克仁先生”新刊発売即重版記念”として【無料”オンライントークイベント】 を5月24日(火)19時より開催します。

URL: https://subaru20220524.peatix.com/

【本イベントにおすすめの人】

男女問わず営業職に配属された新入社員、営業職に就いているが自分には向いていないと考えていたり、数字が伸びず困っている人、フリーランスや士業で独立したものの、営業がうまくいっていない人。

【内容】

男女問わず、営業パーソンのなかには「営業に行くのがイヤだな…」「売り込むのが苦手で…」「成績が上がらない…」などの悩みを抱えている人が多いのではないでしょうか。

営業職は、あらゆる組織になくてはならないもの。しかし、「営業が天職です」と胸を張って言える人はあまり多くありません。どちらかというと、「営業職で採用されたから…」「たまたま配属されたから…」などの消極的な態度で仕事をしている人も多く見受けられます。

本セミナーはそういった方々にこそ、ご参考にしていただきたい内容となっております。かつて営業職に就いたばかりの『ゼロストレス営業』著者・河合克仁先生も営業という仕事に苦手意識を持っていましたが、独自のスタイルを追求する中で、自分にもお客様にもストレスがかからない、無理せずに持続できる営業スキルを体得。

当時在籍していたアチーブメント株式会社では、20代にして歴代営業記録(当時)の6倍以上を更新し、現在はエグゼクティブ営業コーチとして、名だたる超有名企業のトップオブトップの営業をサポートしています。

「営業」という技術は、営業職のみならず、「自分を誰かに売り込まなければならない」すべての人に必要とされるもの。本セミナーでは、営業への苦手意識を克服し、「大得意!」とまではいかなくても、無理なく、抵抗感なく営業できることを目標にしたプログラムをご紹介していきます。しんどかったはずの営業が、ほんのちょっとのコツで、気づけば超リラックスしてできている! そんな自分になってみませんか?

【ゲスト】

今回は『ゼロストレス営業』著者・河合克仁先生に加えまして、スペシャルゲストとして、河合先生の大学時代から会社員時代までを盟友・戦友として知り尽くした成瀬拓也氏(株式会社ウィルフォワード代表取締役 プロデューサー)に登壇いただきます。

【イベント概要】

・日時:2022年5月24日(火)19:00~20:30(受付開始時間18:45~)
・参加条件:無料
・開催形態:オンライン配信
・申し込方法URL:https://subaru20220524.peatix.com/ より申し込み可能
・参加特典:『今日からできる ゼロストレス営業』を購入され、なおかつ本セミナーに参加された方の中から抽選で3名様に河合先生による30分個人無料カウンセリングをプレゼント
・主催:すばる舎
・共催:株式会社アクティビスタ 

【講師プロフィール】

◆河合克仁(かわい・かつひと)

1982年、愛知県豊橋市生まれ。2006年に筑波大学体育専門学群卒業後、日本経済新聞の「入社したい企業調査」にもランクインする、アチーブメント株式会社に入社。在籍時には、20代で歴代営業記録(当時)の6倍以上を更新。社長賞、MVPなどの社内表彰も多数。2014年に独立し、“みらいをつくるきょういく”をコンセプトとする、株式会社アクティビスタを設立。上場企業や100年以上続く老舗企業、グローバル企業といった組織から、外資系金融機関の日本一の営業マンやマネジャーといったプロビジネスマンをクライアントに持つ。筑波大学非常勤講師(キャリア教育、起業家教育)。内閣府地域活性化伝道師。共著として、『世界中の億万長者がたどりつく「心」の授業』(すばる舎/ビジネス書グランプリ2020[自己啓発部門]入賞)、『世界のエリートが実践する 心を磨く11のレッスン』(サンガ)など。「計画的偶発性理論」をベースとし、自分よりもはるか先を行くスゴい人とご縁を深め、ご紹介の輪を広げることが特技。Twitter(@kawai_edu)等で日々の活動も発信中。

◆成瀬拓也(なるせ・たくや)スペシャルゲスト

1980年北海道札幌市生まれ。筑波大学体育専門学群出身。学生時代は箱根駅伝を目指して、競技者としてだけではなく、トレーナー、マネージャー、リクルターとしての活動。卒業後、青木仁志社長のアチーブメント株式会社に新卒で入社。当時無名だった社員26名だった企業で営業・新規事業を経て人事採用担当へ異動。全国の大学や学生団体などでセミナーや講演を実施し、広告を使わずに口コミだけで8,000名以上の大学生のエントリーを集め、入社したい企業ランキング25位に載る企業にする。退社後、2011年8月に株式会社ウィルフォワードを設立。既存の管理型組織運営とは大きく異なり、愛を土台に、クリエイティビティを最大化させるために、ルールや規則をとっぱらい、自由でありながらも家族的な強い絆で結ばれた組織作りを行っている。またコンサルタントとして企業のファン作りを通した社員と顧客のストレスフリーなマーケティングプロセス作りを支援や、ビジネスプロデューサーとして個人の志と才能を活かしたビジネスモデルの構築などを手がけている。個人でも全国で講演したり、セミナーをしたりしている。母校、筑波大学では起業家育成の授業で起業家として登壇しキャリア支援の授業を行っている。ラジオのパーソナリティを行ったり、メディアへの執筆活動をしたり、常に熱いメッセージを発信している。最近は10年ぶりにランニングを再開し、趣味レベルでありながら、サブスリーを達成(自己ベストは東京マラソン2015の2時間43分51秒)。ほっこりランニングをテーマにスポーツを通したネットワークが広がり、スポーツ関係のビジネスへの取り組みも視野に入れている。