エイジア、メール送信パッケージ市場でシェア1位を獲得(ITR調べ)

マーケティングコミュニケーションシステム「WEBCAS(ウェブキャス)」シリーズの開発・販売を中心に、企業や団体のCRM運用支援を行う株式会社エイジア(本社:東京都品川区、代表取締役:美濃 和男、東証一部上場:証券コード2352)は、株式会社アイ・ティ・アール(以下、ITR)発行の市場調査レポート「ITR Market View:メール/Webマーケティング市場2021」において、当社主力製品であるメール配信システム「WEBCAS e-mail(ウェブキャス イーメール)」が、2019年度メール送信パッケージ市場のベンダー別売上金額シェア1位を獲得したことを発表いたします。

1.メール送信パッケージ市場の当社シェアについて

メール配信システム「WEBCAS e-mail」は、ITR発行の市場調査レポート「ITR Market View:メール/Webマーケティング市場2021」において、2019年度メール送信パッケージ市場のベンダー別売上金額シェア1位を獲得いたしました。なお売上金額における当社シェアは35.0%となりました。同レポートの予測では、2020年度も引き続きシェア1位(43.1%)となる見込みです。

▼メール送信パッケージ市場:ベンダー別売上金額シェア(2019年度)
※出典:ITR「ITR Market View:メール/Webマーケティング市場2021」

2.調査対象商品:メール配信システム「WEBCAS e-mail」と市場動向について

「WEBCAS e-mail」は、顧客の嗜好や属性、購買履歴などに基づいた最適なメールが配信できるOne to Oneメール配信システムです。毎時300万通以上という業界最速レベルのメール生成性能に加え、カスタマイズ性やシステム連携性に優れているのが特徴です。昨今はコロナ禍の影響もあり、当社には「顧客と対面でコミュニケーションが取れないため、メールマーケティングを活用したい」「顧客一人ひとりによりきめ細かいメールフォローをしたい」等の声も多く寄せられています。ITRの発表によると、2019年度のメール送信市場は前年度比8.0%増となっており、今後のCAGR(2019~2024年度の年平均成長率)も8.1%の安定した伸びになると予測されています※。

※出典:ITR「ITR Market View:メール/Webマーケティング市場2021」

当社は今後も「WEBCAS e-mail」の提供を通して、クライアント企業様の効果的なメールマーケティング活動を支援してまいります。

マーケティングコミュニケーションシステム「WEBCAS」シリーズについて

https://webcas.azia.jp/
エイジア自社開発製品である「WEBCAS」シリーズは、企業がインターネットやメールを介して顧客と良好な関係を築き、効率的・効果的なマーケティング活動を行うためのe-CRMアプリケーションソフトウェアシリーズです。ラインナップには、メール配信、アンケート、メール共有管理、顧客管理、LINEメッセージ配信、SMS配信などのシステムがあります。EC運営企業、メーカー、生命保険、金融機関、官公庁など、大手企業を中心に6,300社以上の採用実績があります。

株式会社エイジアについて

主な事業内容 マーケティングコミュニケーションシステム「WEBCAS」シリーズの開発・販売、メールコンテンツやWebアンケートのコンサルティング・制作、Webサイトおよび企業業務システムの受託開発
所在地:東京都品川区西五反田7-20-9
代表者:代表取締役 美濃 和男
設立:1995年4月
資本金:3億2,242万円
上場証券取引所:東証一部(証券コード:2352)
URL:https://www.azia.jp/

本リリースに関するお問合せ先

株式会社エイジア マーケティング部 PR担当
TEL: 03-6672-6788 FAX : 03-6672-6805 Mail: azia_ir@azia.co.jp