世界最高125倍ズームの4K対応放送用レンズ 世界最広角8mmから超望遠1000mmまでの幅広い焦点距離をカバー 「FUJINON UA125×8BESM」新発売

スポーツ中継やコンサート・ライブ中継で迫力のある高画質映像を撮影可能 新発売

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、世界最高(*1)125倍ズームを実現した4K対応放送用レンズ「FUJINON UA125×8BESM」(以下、「UA125×8」)を2020年2月より発売いたします。

◆詳細はWebページをご覧ください。
https://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1486.html?link=atp

「UA125×8」は、世界最広角(*2)8mmから超望遠1000mmまでの幅広い焦点距離をカバーする、箱型タイプの放送用レンズです。独自の光学技術により、鮮やかな色再現と高いコントラストを実現。ハイダイナミックレンジ(HDR)を活かした階調豊かな映像制作が可能で、スポーツ中継やコンサート・ライブ中継に最適です。
*1 2019年11月13日時点。当社調べ。
*2 50倍以上のズーム倍率を持つ箱型タイプの放送用レンズとして。2019年11月13日時点。当社調べ。

世界最高125倍ズームを実現した4K対応放送用レンズ「FUJINON UA125×8BESM」
世界最高125倍ズームを実現した4K対応放送用レンズ「FUJINON UA125×8BESM」

昨今、4K対応の大画面テレビの普及に伴い、高精細な4K 映像を楽しめる機会がますます増加しています。現在、制作現場では、4K対応の撮影機材の導入が加速する中、遠くの被写体をクローズアップした臨場感溢れる映像を4K画質で撮影できる高倍率ズームレンズが求められています。

今回発売する「UA125×8」は、世界最高125倍ズームと4K対応の高い光学性能を備え、迫力のある高画質映像を撮影できる放送用レンズです。「UA125×8」は、望遠側の焦点距離1000mmを活かし、遠く離れたスポーツ選手の決定的なプレー、ライブステージ上のアーティストの表情や仕草などをとらえることが可能。さらに、世界最広角8mmの焦点距離により、会場全体を大きく映した映像も撮影できます。また、独自の光学技術を駆使することで、鮮やかな色再現と高いコントラストを実現。HDRを活かした豊かな階調を再現できます。このほか、高性能な光学式防振機構を搭載しているため、ブレの少ない安定した映像撮影が可能です。

当社は、11月13日~15日に幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2019」に本製品を出展いたします。

当社が提供するフジノンレンズは、高い描写力が評価され、世界中のテレビ番組や映画、CM制作で採用されるなど、最新の映像表現の進化に貢献しています。今後も、当社は、長年培ってきた光学技術や精密加工・組立技術などにより、最先端の製品を開発・提供し、多様化する映像制作現場のニーズに応えていきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
富士フイルムニュースリリース一覧
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/index.html?link=atp
富士フイルム株式会社
  ⇒ http://fujifilm.jp/?link=atp
※リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合があります。
※本ページに記載している地名・人名など一部の文字で表示できない旧字体は新字体または平仮名に置き換えている場合があります。
※本ページに記載している個々の文章、図形、デザイン、画像、商標・ロゴマーク・商品名称などに関する著作権その他の権利は富士フイルムまたは原著作権者その他の権利者が有しています。