フロスト・アンド・サリバン・ジャパン主催ウェビナー 『ポストコロナを見据えた2022年のマーケット展望』を3月3日(木)13:00より開催

産業全般、半導体、自動車、航空宇宙・防衛、エネルギー、サプライチェーン・ロジスティクス、 テクノロジー、AI、サイバーセキュリティ、ヘルスケア10業界の市場展望と成長機会を発表

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、2022年3月3日(木)日本時間13:00より無料ウェビナー『ポストコロナを見据えた2022年のマーケット展望』を開催いたします。

コロナ禍の終息が未だ見通せない2022年。新型コロナウィルス感染症による経済的影響も今もなお広がりを見せています。今回のウェビナーでは、産業全般、半導体、自動車、航空宇宙・防衛、エネルギー、サプライチェーン・ロジスティクス、テクノロジー、サイバーセキュリティ、AI、ヘルスケアの10業界からフロスト&サリバンのコンサルタントおよびアナリストが登壇し、2022年においてポストコロナを見据えた各市場の成長予測やトレンド、展望をプレゼンテーションいたします。

『ポストコロナを見据えた2022年のマーケット展望』概要

■日時:2022年3月3日(木)13:00~18:10(日本時間)
■プログラム(※ご興味のある分野のみご参加いただくことも可能です、途中入退室自由):
13:00 - 13:05  開会のご挨拶
13:05 - 13:35  産業全般 / アントワン・フューチェ(成長戦略コンサルティングマネージャー)※
13:35 - 14:05  半導体業界 / 杉原孝志(成長戦略ディレクター)
14:05 - 14:35  自動車業界 / 本多正樹(APAC モビリティ部門, バイスプレジデント)
14:35 - 15:05  航空宇宙・防衛業界 / アマルティア・デ(アソシエイトディレクター, 航空宇宙&防衛)※
15:05 - 15:35  エネルギー業界 / エミリー・ジョーンズ(エネルギー&環境コンサルタント)※
15:35 - 16:05  サプライチェーン&ロジスティクス業界 / ジェネシュ・ジャナルハン(APACサプライチェーン&ロジスティクス アドバイザリー部門エリアリーダー)※
16:05 - 16:35  テクノロジー業界 / 洪 偉豪(TechVision コンサルタント)
16:35 - 17:05  AI業界 / ニシェル・コラーナ(バイスプレジデント, グローバルプログラムリーダー)※
17:05 - 17:35  サイバーセキュリティ業界 / ジョージア・エデル(成長戦略コンサルティングアナリスト, セキュリティ)※
17:35 - 18:05  ヘルスケア業界 / ミリンド・サブニス (APACヘルスケアコンサルティング部門責任者) 、シッダールタ・シャー(ヘルスケア&ライフサイエンス部門 リサーチマネージャー)※
18:05 - 18:10  閉会のご挨拶

■申込み方法:事前申込制
※マークがついているプレゼンテーションは、英語でのプレゼンテーションとなりますので予めご了承ください。

各コンサルタントよりプレゼンテーションのご紹介

【産業全般 / アントワン・フューチェ(成長戦略コンサルティングマネージャー)】
世界中で正味ゼロの排出量に到達し、住みやすい未来を実現するには、産業部門の脱炭素化が重要です。近年、プロセスおよびディスクリート業界は、サーキュラーエコノミーの原則を実装し、エネルギー源として再生可能エネルギーをますます採用することにより、資産を監視および最適化するためのデジタルテクノロジーの採用を通じて大きな進歩を遂げました。その進歩の一方で、世界中の企業は依然として脱炭素化の過程で重大な課題に直面しています。では、産業組織はどのように脱炭素化に取り組み、今後のチャンスはどこにあるのでしょうか?ディスクリートおよびプロセス産業における脱炭素化の主な推進力は何でしょうか?そして、企業が脱炭素化の過程で直面している問題点は何ですか?宇宙で新たな成長の機会はどこにありますか?主要なグローバル産業企業では、事業環境を脱炭素化するためにどのようなアプローチを取っていますか?Frost&Sullivanのウェビナーに参加して、上記の質問などに対する洞察と回答を入手してください。

【半導体業界 / 杉原孝志(成長戦略ディレクター)】
Covid-19のパンデミック以前から、半導体産業は需要が供給を上回る傾向にありました。パンデミックによるサプライチェーンの変化、さらには米国と中国の関係悪化の影響で、2021年は多くの産業セクター、業界で半導体不足が深刻さを増しました。本講演では、2022年の各産業セクターにおける半導体不足の回復予測、さらには最大手の半導体ファウンドリである台湾 TSMCの製造工場日本進出にみられる投資機会についても見通します。

【自動車業界 / 本多正樹(APAC モビリティ部門, バイスプレジデント)】
自動車業界は2022年に大きなハードルに直面するでしょう。フロスト&サリバンは、チップ不足を乗り越えて生産を継続するOEMが採用した革新的な戦略についての洞察を提供します。また、デジタルツインが自動車ライフサイクルのあらゆる側面にどのように革命をもたらしているかをご紹介します。そして、サプライチェーン、製品設計、製造、販売、アフターサービス、リサイクルに加えて、次世代のバッテリー管理システムが市場に参入するにつれて、電気自動車分野で期待される成長の機会を特定します。本プレゼンテーションでは、次のご質問にお答えします。
・2022年のチップ不足の危機はどのように発生しますか?
・Foxconn、Apple、Amazonなどの非伝統的なプレーヤーの参入は、自動車のバリューチェーンをどのように混乱させ、新しい機会を生み出すのでしょうか?
・今日の組織にとって重要かつ必ず取り組むべき事項は何ですか?

【航空宇宙・防衛業界 / アマルティア・デ(アソシエイトディレクター, 航空宇宙&防衛)】
「アーバンエアロモビリティが現実のものになりつつある一方で、今後20年間のUAMの市場の可能性を評価することは適切です。今後5〜7年間で商業的に実行可能なUAMオペレーションをホストする可能性のある機会がいくつかあります。

市場は運用上および商業上の観点から実現可能ですか?UAMバリューチェーンとは何ですか?規制の状態と、UAMの運用を許可するためのロードマップはどのようなものですか?

ますます多くのプラットフォームが従来の燃料から離れて電気を採用するにつれて、UAMの技術空間もさらに複雑になっています。ロールスロイスやハネウェルなどの主要な航空宇宙企業は、Danecca、EPS、Hypoint、BAE Systemsなどのバッテリーソリューションと組み合わせて、推進力製品をUAM市場に投入しています。

Frost&Sullivanは、UAMバリューチェーンのさまざまなサブセグメント、特に高度なコンポジット、人工知能、衝突回避システム、水素燃料電池、自律航法、推進システム、バッテリー技術などで大きな推進力を発揮しています。最前線に立つUAMOEMのトップ10は、Frost&Sullivanによると、Ehang、Volocopter、Lilium Aviation、Joby Aviation、Airbus、Hyundai、Bell Aviation、Wisk、Beta Technologies、EmbraerXです。

【エネルギー業界 / エミリー・ジョーンズ(エネルギー&環境コンサルタント)】
Covidパンデミックの3年目に入ると、多くの人が「正常に戻る」ことはできないことを理解するようになりました。パンデミックによって引き起こされた前例のない社会的、技術的、経済的変化は元に戻せません。代わりに、私たちは自分たちのために「ニューノーマル」を確立します。 「ニューノーマル」とは何でしょうか?これは緑化です。脱炭素化に対する消費者および規制当局の圧力は継続し、既存の化石燃料業界の課題に加えて、既存の燃料源から再生可能エネルギーの優位性の向上、水素経済、および重要なエネルギーシステムの再設計への移行を促進します。世界で発生したパンデミックの混乱により、最も基本的なシステムのいくつかを再考および再設計する機会が生まれました。ニューノーマルは循環型であり、パッケージングからユーティリティの提供までの分野で新しい機会を提供します。私たちは第4次産業革命の真只中にあり、それを牽引する旗の色は「緑」なのです。

【サプライチェーン&ロジスティクス業界 / ジェネシュ・ジャナルハン(APACサプライチェーン&ロジスティクス アドバイザリー部門エリアリーダー)】
サプライチェーンは、過去2年間で大きな変革を遂げました。 COVID-19、eコマースブーム、貿易の緊張の影響を受ける前でさえ、新しいテクノロジーはすべて、サプライチェーンとロジスティクスをビジネスで最もホットな分野の1つにしています。このブリーフィングでは、2022年のロジスティクスにおけるサプライチェーンに何が期待できるかを探ります。プレゼンテーションでは、2021年の主要なサプライチェーンのハイライト、2022年のサプライチェーンの傾向、2022年の主要なテクノロジー、およびロジスティクスの将来について説明します。

【テクノロジー業界 / 洪 偉豪(TechVision コンサルタント)】
過去10年間、各業界がイノベーション、変革的なメガトレンド、革新的なビジネスモデルによる激しい事業環境の変化を経験してきました。スタートアップや新興企業との競争において、競争優位性を確立するため、企業は新たなテクノロジーやビジネスモデルを取り入れることを求められています。企業の更なる成長や変革のためには、メガトレンドや革新技術への理解が欠かせません。本ブリーフィングは、世界的なイノベーションを促進し、成長の機会を生み出すことができるトレンド、革新テクノロジーを紹介します。企業が最新のテクノロジートレンドを把握し、新たな事業機会を特定することで、事業戦略の立案に役立つことを期待しています。

【AI業界 / ニシェル・コラーナ(バイスプレジデント, グローバルプログラムリーダー) 】
AIが人、組織、社会に与える潜在的な影響は広範囲に及んでおり、AIテクノロジーは、ビジネスモデルを革新し、運用効率を高め、戦略的差別化を実現するために、世界中の業界で採用されています。さらに、AIエコシステムの急速な進化により、包括的なトレンドを理解し、新たな成長機会を評価することが不可欠です。このプレゼンテーションでは、最も適切な世界的なAIテクノロジーの傾向と成長の機会のいくつかに焦点を当てます。

【サイバーセキュリティ業界 / ジョージア・エデル(成長戦略コンサルティングアナリスト, セキュリティ) 】
COVID-19の開始以来、企業は新しい運用方法に取り組むためにデジタルトランスフォーメーションを優先することを余儀なくされました。パンデミックに対応してきた数年にわたり、顧客とのデジタルエンゲージメントへの持続的な移行が見られ、これは今後も続くと予想されます。本ウェビナーでは、セキュリティの脆弱性を生む顧客エンゲージメントのデジタル化やサプライチェーン攻撃における新たなリスクに触れるとともに、こうした背景から誕生したXDR、セキュアクラウドジャーニー、SASE、ゼロトラストのセキュリティ制御などサイバーセキュリティのトレンドについてもご紹介します。

【ヘルスケア業界 / ミリンド・サブニス (APACヘルスケアコンサルティング部門責任者) 、シッダールタ・シャー(ヘルスケア&ライフサイエンス部門 リサーチマネージャー)】
Frost&Sullivanの2022年のグローバルヘルスケアの展望では、ヘルスケア全般の見通しをカバーし、米国、ヨーロッパ、日本を含むAPACのトレンドに注目します。本プレゼンテーションでは、ライフサイエンス(製薬、バイオテクノロジー)のヘルスケアサブセグメント、医療機器、診断、イメージングテクノロジー、およびデジタルヘルスの機会についてご紹介します。

フロスト・アンド・サリバンについて

フロスト&サリバンは独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナー。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。

フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社

設立:2014年1月
沿革:2009年3月 日本支社「フロスト&サリバン インターナショナル」設立
2014年1月 日本法人「フロスト&サリバン ジャパン株式会社」設立
代表者:ロビン・ジョフィ(代表取締役)
所在地:〒107-6123 東京都港区赤坂5丁目2番20号 赤坂パークビル23階
URL: https://frost.co.jp/

本リリースに関するお問い合わせ

フロスト・アンド・サリバン株式会社PR事務局(SivanS株式会社内)
担当:高谷
Email: press@sivans.jp