マクニカとエクスポリス、スマートシティの実現に向けて業務提携および代理店契約締結

~地域のデジタル実装を加速するデータ連携基盤の共同開発・提供~

半導体、ネットワーク、サイバーセキュリティ、AI/IoTにおけるトータルサービス・ソリューションプロバイダーの株式会社マクニカ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:原 一将、以下マクニカ)とデータ利活用により地域課題を解決するデータ流通プラットフォーム「Expolis Cloud Platform」を手掛けるエクスポリス合同会社(所在:東京都千代田区、CEO:松井 加奈絵、以下エクスポリス)は、スマートシティの実現に向けて業務提携および代理店契約を締結したことを発表いたします。この協業により、データ流通プラットフォームの共同開発・提供を通じて、地域のデジタル実装を加速させ、地域課題の解決に貢献します。

【協業の背景・目的】
昨今、「デジタル田園都市国家構想」のもと、地方からデジタル実装を進め、地域課題を解決し、すべての人がデジタル化のメリットを享受できる心豊かな暮らしを実現することで、地域の持続的な発展を目指す取り組みが進められています。しかしながら、デジタル田園都市の実装にあたっては、地域のデジタル実装やデータ連携基盤の導入における技術的ハードルが高く、さらに導入後においては流通データが静的にとどまることで、結果としてデータの利活用が進まないなど、実現に至っていないのが現状です。

そこで、エクスポリスとマクニカは、リアルタイムなまちのデータ取得から分野を横断した静的・動的データ流通を支えるデータ流通プラットフォーム「Expolis Cloud Platform」を共同で開発し、またそれらのデータから生み出されるサービスの創出、さらにエクスポリスのサービスを組み合わせることで、よりシームレスなワンストップソリューションを自治体向けに提供します。これにより、それぞれの地域の実情に合わせたデジタル実装を加速させ、地域課題の解決に貢献します。

【共同開発の概要】
・地域の持続的な発展を支えるデータ連携基盤の開発
マクニカでは、まちを走行する様々なモビリティから「Macnica Mobility Data Platform(以下MMDP)」を通じて、リアルタイムに変化する地域の情報を取得します。今回の共同開発では、MMDPの動的データを「Expolis Cloud Platform」に流通させ、地域の住民・産業・行政をはじめとするステークホルダーに対して、それぞれの地域におけるリアルタイムなデータ利活用を実現する基盤を開発・提供します。

・データ利活用による社会課題の解決
「Expolis Cloud Platform」で流通する分野横断的なデータとマクニカの持つデータ分析技術を掛け合わせたデータを利活用し、まちにフィードバックすることで、地域課題を解決する様々なサービスを創出・提供します。

■「Expolis Cloud Platform」の特徴
Expolis Cloud Platformは先端技術が必要とする「データ流通」をスモールスタートで始めることができるプラットフォームです。自治体において地方人口ビジョンや施策を検討する上で、都市部では充足しているソリューションや企業の情報が、経済合理性などの理由から地方自治体に行き渡っていない、地方自治体間での共有環境がなく他自治体におけるベストプラクティスを把握できないといった課題があります。Expolis Cloud Platformを活用することで、地域課題施策の策定から導入までの時間的・人的コストを削減し、自治体が高額な導入コストを負担せず、低コストでDXに着手し、持続可能な地域社会の実現の一助となることを目指し、地域課題を解決します。
【採用実績】
令和3年度オープン広島県呉市におけるデータ利活用推進支援及びデータプラットフォーム構築支援業務に採用。
令和3年度「スマートシティ関連事業」における埼玉県さいたま市、埼玉県横瀬町におけるデータ連携に採用。
詳細はWebページ ( https://www.expolis.net/expolis-cloud-platform )をご覧ください。

※Expolis Cloud Platform(旧Anastasia)
2022年6月よりサービス名称を「Anastasia」から「Expolis Cloud Platform」へ変更しました。
詳細はWebページ( https://www.expolis.net/news )をご覧ください。

■「MMDP」の特徴
MMDPは、リアルタイム性かつ信頼性を確保したうえで、データの収集・伝送・蓄積が可能なプラットフォームです。リアルタイムに変化する地域の情報を取得するためには、大容量且つ高精細な時系列データを収集する基盤が必要となります。MMDPからの動的データを「Expolis Cloud Platform」に流通させることで、それぞれの地域の実情に合わせたデジタル実装を促進します。
詳細はWebページ( https://www.macnica.co.jp/business/maas/services/135657 )をご覧ください。

※本文中に記載の社名及び製品名は、エクスポリス合同会社および株式会社マクニカの商標または登録商標です。
※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご承知ください。

<本製品に関するお問い合わせ先>
株式会社マクニカ スマートモビリティ事業部
TEL :045-470-9118
MAIL :auto-solution@macnica.co.jp

エクスポリス合同会社
MAIL :info@expolis.net


【エクスポリス合同会社 について】
エクスポリスは確かな研究開発をもとに、技術、デザイン、データを利用した暮らしにおいて、 課題解決、感性の醸成、といった人間生活を豊かにするデータ流通プラットフォームの構築を主幹サービスとしている企業です。これらに関連するデバイス、アプリケーション、システムの設計、またデザイン、開発、実装、運用、教育を行うことで、競争から共創する社会への転換に貢献します。
詳細はWebサイト( https://www.expolis.net/ )をご覧ください。

代表者:CEO 松井 加奈絵
所在地:東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F KSフロア
設立日:2019年 11月 22日

事業内容
IoTデバイス、アプリケーションを通じて収集したデータを活用するためのデータ流通プラットフォームを通じ、 地域課題抽出、解決方法の発見や人間の創造的活動の低コスト化、マネタイズの手助けに従事。サイバーフィジカル空間の確立がなされつつある現代において、 デジタルデータの利活用を行うためのデータ流通プラットフォームをデザイン、設計、実装、導入、運用のサポートを行う。データ流通の仕組み、共有・販売のためのマーケットプレイス、地域分析等を備えるプラットフォームサービスを提供。



【株式会社マクニカについて】
マクニカは、1972 年の設立以来、最先端の半導体、電子デバイス、ネットワーク、サイバーセキュリティ商品に技術的付加価値を加えて提供してきました。従来からの強みであるグローバルにおける最先端テクノロジーのソーシング力と技術企画力をベースに、AI/IoT、自動運転、ロボットなどの分野で新たなビジネスを展開しています。「Co.Tomorrowing」をスローガンに、最先端のテクノロジーとマクニカが持つインテリジェンスをつなぎ、ユニークなサービス・ソリューションを提供する存在として、社会的価値を生み出し未来社会の発展へ貢献していきます。当社は、横浜に本社を構え、世界24か国/地域80拠点をベースにグローバルなビジネスを展開しています。詳細はWebサイト( https://www.macnica.co.jp )をご覧ください。