近畿大学生が共同開発した機能性ミニバッグ"サメ革バディバッグPeg" 一般販売開始&気仙沼市ふるさと納税返礼品に

"サメ革バディバッグPeg"の完成品を確認する学生ら
"サメ革バディバッグPeg"の完成品を確認する学生ら

近畿大学短期大学部(大阪府東大阪市)商経科教授 頭師 暢秀(ずし のぶひで)ゼミと、東日本大震災の被災地復興に寄与する事業を展開するサメ革専門のレザーブランド「アトリエシャーク」(兵庫県神戸市)が共同開発した機能性ミニバッグ"サメ革バディバッグPeg"が、令和4年(2022年)7月14日(木)から一般販売されます。
また、宮城県気仙沼産ヨシキリザメのレザーを原料としていることから、宮城県気仙沼市のふるさと納税返礼品にも認定されました。

【本件のポイント】
●東日本大震災の被災地復興に寄与する商品を一般販売開始
●気仙沼産サメ革を使用しており、気仙沼市のふるさと納税返礼品に選出
●学生は商品開発、展示販売、クラウドファンディング、一般販売、ふるさと納税返礼品選出までの一連のサイクルを実学で学ぶ

【本件の内容】
近畿大学短期大学部の頭師ゼミを中心とする学生が、アトリエシャークと連携し、サメ革バディバッグPegを開発しました。学生は、フィールドワークとマーケティング手法を駆使して、商品コンセプトの策定から材料の選定・仕様・商品名の提案まで行いました。
令和3年(2021年)12月にニューヨークで展示販売会を行った後、令和4年(2022年)1月から4月までクラウドファンディング「Makuake」で国内先行販売を実施しました。目標達成率2718%(応援購入総額4,078,018円/サポーター222人)を記録し非常に好評であったことから、一般販売をすることとなりました。
商品の外装には汚れに強い生地と気仙沼産のヨシキリザメを原料とするレザーが使われており、軽量かつ防滴性と耐久性に優れています。日常、非日常を問わず、常時携帯するものをコンパクトに収納でき、さらに災害などの緊急時やアウトドアシーンで役立つよう、ファスナーの引き手部分に緊急ホイッスルを、ショルダーストラップには強度の高いロープ状のツール"パラコード"を採用しました。
本商品に使用されているヨシキリザメの革は、気仙沼産で世界最高品質として注目を集める素材ですが、加工等の難しさや取扱業者の少なさを理由にその多くが魚類残滓として廃棄されています。加工の問題を解決して商品化することで、東日本大震災の被災地である気仙沼市の地元産業振興に繋がると考えました。その取り組みが評価され、今回、本商品が宮城県気仙沼市のふるさと納税返礼品にも選出されました。
廃棄される素材を活用することで、SDGsの目標「12.つくる責任 つかう責任」「14.海の豊かさを守ろう」の達成にも貢献します。本商品を通して、良質なモノを大切に使う、ミニマルでエシカルな生活スタイルを提案します。

【販売概要】

商品名  :サメ革バディバッグPeg(ブラック:夜凪、ブルー:青海)
販   売:アトリエシャーク公式通販サイト
      https://atelier-shark.com/product/3057/
定   価:22,880円(税込み)
サイズ  :約24.5×17.5×1.5cm(A5サイズ程度)
重   量:約230g(Tシャツ1枚分程度)
素   材:<外側>
      高機能ナイロン、サメ革、
      パラコード(肩紐)、緊急ホイッスル(引き手)
      <内側>
      スエード調生地、
      牛革(コードストラップ/名刺用カードポケット、挿しポケット)
コンセプト:「いつも」「もしも」に備える
お問合せ :合同会社AtelierShark(アトリエシャーク)info@atelier-shark.com

【ふるさと納税サイト一例】
楽天ふるさと納税
<夜凪>https://item.rakuten.co.jp/f042056-kesennuma/20561123/
<青海>https://item.rakuten.co.jp/f042056-kesennuma/20561104/
※ その他のふるさと納税サイトにも掲載されています。ふるさと納税サイト内で「アトリエシャーク」と検索してください。

【関連リンク】
短期大学部 商経科 教授 頭師 暢秀(ズシ ノブヒデ)
https://www.kindai.ac.jp/meikan/2153-zushi-nobuhide.html

短期大学部
https://www.kindai.ac.jp/jc/