快眠マットレスおすすめ比較ランキング【2020年売れ筋順】

快眠生活みんかつでは、2020年上期のマットレス売れ筋ランキングを公表。当サイト上経由で購入のあった人気のマットレスを販売数順にご紹介していきます。

おすすめマットレスランキング

1位「モットン」3種類の硬さから選べる高反発マットレス

売れ筋1位はモットン。モットンは硬さが3種類あるので、自分の体重に合った寝心地が選べます。また、90日間の返金保証もついているので、「マットレスが合わない」という問題も起きにくく、「もし合わなくても返品できる」という安心から人気となっています。そして実際に購入した人からも評価が高い高反発マットレスです。

2位「コアラマットレス」SNSで話題の高反発マットレス

コアラマットレスは最近SNSで話題沸騰中の高反発マットレス。Youtuberやインスタグラマーのインフルエンサーがよく「寝心地がよくなった」と投稿していて人気が広がってきています。最近ではテレビCMも始めてるとか。マットレスの改良を重ねて、いろんな人が寝心地をよく感じられる3層構造にたどり着きました。また120日間の返金保証も付いているので購入しやすくなっています。ただし、7万円からなので少し高級です。

3位「エムリリー優反発」2層構造でコスパと寝心地が最高の高反発マットレス

エムリリー優反発は、低反発と高反発の2層構造になっていて、多くの購入者から密かにSNSで話題となっているマットレス。値段も2万円ちょっとで高くはなく手頃なうえ、寝心地の評判はかなり高いです。悪い評判をほとんど見かけません。ただ、1位・2位のマットレスとは違い、返品保障は付いていない点は少しデメリットです。

4位「雲のやすらぎプレミアム」100日間返金保証付き高反発マットレス

雲のやすらぎプレミアムは、1位のモットンとよく比較されるマットレス。モットンと値段と長期返金保証が付いている点が似ています。ただ構造は大きくことなり、モットンが1枚の高反発ウレタンなのに対して、雲のやすらぎプレミアムは凹凸のウレタン・高反発ウレタンの3層構造になっていて、硬さの種類がない分、いろんな人が寝心地よくなっている構造をしています。

5位「ニトリ」実店舗でお試しできるポケットコイルマットレス

家具を中心に販売しているニトリでは、オリジナルブランド「Nスリープ」をはじめとしたマットレスを販売しています。ここまで紹介してきたマットレスとは違いポケットコイルというバネで構成されたマットレスです。お値段も控えめで、さらに店舗でお試しできるのが人気のポイント。

6位「エムリリーエコヘルス」寝具に重ねるマットレストッパー

3位のエムリリー優反発と同じ企業が販売している「エムリリーエコヘルス」。エムリリー優反発とは違い、1枚で寝るのではなく、他の寝具の上に重ねて寝心地を向上させる目的で購入されるケースが目立ちます。薄型の5cmトッパーが人気です。

7位「エアウィーヴ」高い通気性&水で洗えるファイバーマットレス

テレビCMの浅田真央選手でおなじみにエアウィーヴ。チューブ状のポリエステルの立体構造が特徴的で、これまでのようなウレタンマットレスのデメリットである通気性の悪さを大幅に改善し、さらに水で洗い流せる清潔さから人気となっています。ただし値段が6万円と高いブランドです。

8位「エアリーマットレス」コスパ最強のファイバーマットレス

エアリーマットレスは、7位のエアウィーヴとほぼ同様の素材構造となっていて、エアウィーヴよりは値段が抑えめになっているファイバー素材のマットレスです。ミニマリストの方にも人気となっているマットレス。

9位「マニフレックス」コスパ最強の高反発ベッドマットレス

あまり広告は見かけまえんが、日本全国に実店舗を展開している高反発マットレスが「マニフレックス」です。厚みがあるベッド・マットレスですが、値段は抑えてあり、耐久性もかなり高いのでコスパが高いのが特徴。基本的には硬めの素材なので、筋肉質な男性や、肥満体型の方に選ばれています。