インシデント対応市場の発展、傾向、需要、成長分析および予測 2024―2036 年

SDKI Inc.(本社:渋谷区、東京都)は、2024年と2036年の予測期間を対象とした「インシデント対応市場」に関する調査を実施しました。

市場調査レポートの詳細な洞察は、次の場所で入手できます。:https://www.sdki.jp/reports/incident-response-market/110025

調査結果発表日:2023年11月26日
調査者: SDKI

調査範囲: 当社のアナリストは 545市場プレーヤーを対象に調査を実施しました。調査対象となったプレーヤーの規模はさまざまでしました。

調査場所: 北米 (米国およびカナダ)、ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)、アジア太平洋 (日本、中国、インド、ベトナム、台湾、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)、ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、NORDIC、その他のヨーロッパ)、および中東とアフリカ (イスラエル、GCC 諸国、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東とアフリカ)

調査方法: 現地調査 245件、インターネット調査 300 件
調査期間: 2023年9月 – 2023年10月

重要なポイント: この調査には、成長要因、課題、機会、最近の市場傾向を含む、インシデント対応市場の市場動態調査が含まれています。さらに、この調査では、市場の主要プレーヤーの詳細な競争分析が分析されました。市場調査には、市場の分割と地域分析(日本とグローバル)も含まれます。

市場スナップショット

SDKI の分析調査分析によると、インシデント対応市場の市場規模は 2023 年に約 227億米ドルと記録され、2036 年までに市場の収益は約 2,460億米ドルに達すると予測されています。さらに、市場は予測期間中に最大 20.70% の CAGR で成長する態勢が予測されています。

インシデント対応市場
インシデント対応市場

市場概況

インシデント対応に関する SDKI 市場調査分析によると、組織の Web テクノロジーへの依存度が高まり、サイバーセキュリティ関連の問題を軽減するための Web セキュリティ ソリューションの需要が高まっているため、市場は大幅に成長すると予想されています。さらに、Web セキュリティタイプの需要の高まり、デジタル化の採用の増加、インターネットの普及は、世界中のインシデント対応市場の成長を促進する市場要因の一部です。当社のインシデント対応市場動向に関する洞察によると、サイバーインシデントが企業のリソースを直接消費し、ビジネスコストの増加をもたらしたため、2022 年のデータ侵害の世界平均コストは約 4.35 百万米ドルでしました。

しかし、当社のインシデント対応市場の現在の分析と予測によると、インシデント管理予算の欠如は、法規制順守サイクルへの支出の増加により、インシデント対応市場の成長に悪影響を与えると考えられています。

最新ニュース

当社の調査によると、最近、インシデント対応市場の企業の間でいくつかの発展が起こっていることがわかりました。これらは:

• 2023 年 10 月に、Arctic Wolf は、Unified Data Layer (UDL) 上に構築された初の Security Orchestration, Automation and Response (SOAR) プラットフォームの作成者である 、Revelstoke を買収すると発表しました。 Revelstoke は、セキュリティおよび IT ソリューション用の Rosetta Stone を作成することで、従来の SOAR ソリューションを破壊しました。
• 2023 年 8 月に、Hitachi Security Systemsは、アフリカのデジタル課題を推進するアライアンスであるスマート アフリカに参加したと発表しました。同社はアフリカのサイバーセキュリティ状況を強化するためにシルバーメンバーとして50人以上の民間部門と協力する予定です。

市場セグメント

当社のインシデント対応市場調査では、セキュリティ タイプに基づいて、ネットワーク セキュリティ、エンドポイント セキュリティ、アプリケーション セキュリティ、その他に分割されています。このうち、ネットワークセキュリティセグメントは、予測期間中に最大の市場シェアを保持すると予想されます。リモートワーク文化の増加によるデータ漏洩のケースの増加により、ネットワーク セキュリティの採用が増加しています。さらに、デジタル接続されたデバイスの技術開発により、ハッカーが組織のデータを漏洩してビジネス情報にアクセスするためにフローレス ハッキング手法を採用することが増えています。当社のインシデント対応市場動向に関する洞察によると、1 日あたり 2,300 件以上になるとサイバー攻撃と約 300,000 件の新しいマルウェアが作成されています。

地域概要

当社のインシデント対応市場に関する洞察によると、アジア太平洋地域は、この地域の大手市場プレーヤーによる買収や研究開発活動、さまざまな新技術の発表により、インシデント対応市場を支配しています。さらに、ソーシャルメディアプラットフォームに対する需要の高まりとデジタル化の展開の高まりによりサイバー犯罪が激化し、それがインシデント対応市場の成長を促進しています。当社のインシデント対応市場動向に関する洞察によると、2023 年にはインターネット ユーザーは 52 億人以上、世界人口の約 61.6% がソーシャル メディア ユーザーでしました。

さらに、ヘルスケアとライフ サイエンス、小売と電子商取引、IT と通信などの業界におけるインシデント対応の採用の増加が、日本のインシデント対応市場の成長を促進しています。当社のインシデント対応市場動向に関する洞察によると、日本には 95百万人以上になると消費財の電子商取引ユーザーがいます。そのうち、2021 年に携帯電話を通じて購入したユーザーは約 47% でしました。

インシデント対応市場における支配的なプレーヤー

当社の調査レポートで述べたように、世界のインシデント対応市場中に最も著名なプレーヤーは次のとおりです。:

• McAfee, LLC
• IBM
• Dell Inc.
• NTT Security Holdings Corporation
• Cisco Systems, Inc.

これにより、日本市場のトップ 5 プレーヤーは次のとおりです。:

• PwC Japan Group
• Mitsui Bussan Secure Directions, Inc.
• Hitachi, Ltd.
• LAC Co., Ltd.
• Japan Dev

無料サンプル

当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.sdki.jp/sample-request-110025

会社概要:

SDKI の目標は、信頼できる詳細な市場調査と洞察を提供することです。当社は、成長指標、課題、トレンド、競争環境に関する詳細な市場レポートを調査して提供するだけでなく、最大限の成長と成功を目指してビジネスを完全に変革することにも重点を置いています。当社の市場調査アナリストは、さまざまな業界や市場分野のあらゆる規模の企業と長年協力してきた経験があります。

連絡先情報:
お問い合わせフォーム: https://www.sdki.jp/contact/
電話番号: +81 50 50509337 (9:00-18:00) (土日祝日を除く)
URL: https://www.sdki.jp/