「KINDAI Ramen Venture 近大をすすらんか。」キャンパス内の学生経営ラーメン店 次期出店者の選考会を実施

「近大をすすらんか。」オープニングイベント時の様子
「近大をすすらんか。」オープニングイベント時の様子

近畿大学(大阪府東大阪市)では、令和3年度(2021年度)10月から、学生飲食店起業支援プロジェクト「KINDAI Ramen Venture 近大をすすらんか。」を開始し、東大阪キャンパス内で在学生がラーメン店を経営しています。第1期の学生が経営する店舗「近大をすすらんか。」が当初の予定通り令和5年(2023年)3月末で出店期間満了となるため、令和4年(2022年)12月5日(月)に次期出店者を決める選考会を実施します。

【本件のポイント】
●学生が飲食店の起業を体験する機会を創出するプロジェクトを令和5年度(2023年度)も継続し、学生の起業家精神の醸成をめざす
●令和5年(2023年)4月営業開始の次期店舗出店者を候補者3人から選考
●選考会は試食審査と事業計画のプレゼンテーション審査を実施

【本件の内容】
学生飲食店起業支援プロジェクト「KINDAI Ramen Venture 近大をすすらんか。」は、本学学生が実際にラーメン店を起業・経営することで、実践的な飲食店経営を学び、卒業後の事業展開や新たな起業を目指すことを支援するものです。本プロジェクトの実施を通じて、大学全体で学生の起業家精神を醸成することを目的としています。
令和3年(2021年)10月から約1年半にわたって営業し、学内外を問わず活動の場を広げてきた第1期店舗「近大をすすらんか。」が、令和5年(2023年)3月末に出店期間満了となります。そこで、令和5年(2023年)4月の次期店舗オープンに向け、令和4年(2022年)10月から出店希望者を学内公募し、志望動機やビジョン等を踏まえた選考の結果、3人の学生が候補者として選出されました。
選考会では、一次審査で各候補者が考案したメニューの試食を実施し、二次審査では、各候補者がプロジェクトへの志望動機や、事業概要、収支計画等を盛り込んだ事業計画のプレゼンテーションを実施します。審査終了後、選考委員が出店者を決定し、令和5年(2023年)4月から営業を開始する予定です。

【開催概要】
日時:令和4年(2022年)12月5日(月)17:30開始
場所:近畿大学東大阪キャンパス ブロッサムカフェ
   (大阪府東大阪市小若江3-4-1、近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約10分)
プログラム:
第一次審査(試食)
17:30~17:35 選考委員長挨拶・選考委員紹介
17:40~18:10 試食審査(10分×3組)
18:15~18:25 休憩
第二次審査(プレゼンテーション)※ オンラインで実施
18:30~19:30 プレゼンテーション審査(20分×3組)
19:30~19:45 選考
結果発表
19:45~19:46 選考結果発表
19:46~20:05 選考委員講評・選考委員長総括
選考委員:
近畿大学 経営戦略本部長 世耕 石弘[選考委員長]
近畿大学 経営戦略本部 企画室長 上原 真一
近畿大学 経営戦略本部 起業・関連会社支援室長 松本 牧子
Creww株式会社 Startup Success Dept.プランナー 志岐 遼介
TSURUMEN 店主 大西 益央(KINDAI Ramen Venture アドバイザー)※
株式会社やるか、やらんか。 代表取締役 西 奈槻
(「近大をすすらんか。」現代表 農学部水産学科4年生)
※ 二次審査よりオンライン参加

【「KINDAI Ramen Venture 近大をすすらんか。」プロジェクトについて】
<実施概要>
店舗のジャンルは学生の人気メニューであるラーメンに限定。プロジェクト応募の条件は近畿大学の学生であることで、採択された場合は、食品衛生責任者、営業許可の取得、個人事業主の届出など、開店に必要な準備を学生自身で行います。
大学は、店舗の初期設備および今後プロジェクトとして継続的に使用する備品の用意、ガス、水道料等を負担し、学生は、電気代、共益費、運営に必要な調理器具類、消耗品費、原材料費、人件費等を自己負担します。出店期間は原則1年間とし、四半期毎に決算報告を実施。2期連続で赤字経営となった場合は原則撤退とします。
出店者となる学生は1年ごとに毎年学内公募し、事業計画書の提出や面接、ラーメンの味の審査により決定します。

<アドバイザー>
現在アメリカ・ボストンで、大行列ができるラーメン店「TSURUMEN DAVIS」を経営する本学卒業生、大西 益央氏(平成12年(2000年)商経学部卒業)がアドバイザーに就任し、本プロジェクトに挑戦する学生のサポートを担当します。
●大西 益央(おおにし ますお)氏 プロフィール
大阪市生まれ。平成12年(2000年)、近畿大学商経学部経営学科卒。
平成19年(2007年)に大阪市鶴見区でラーメン店「鶴麺」をオープンし、平成22年(2010年)2号店「らぁ麺Cliff(現「Tsurumen」)」をオープン。2店舗を大阪屈指の人気店に育てた後、平成30年(2018年)4月に米・ボストンで「Tsurumen Davis」を開店。最低気温マイナス10℃以下にもなる極寒のアメリカ・ボストンで、1時間待ちの行列を作る超人気店となる。「いまボストンで最も熱いレストラン」第1位を3カ月連続獲得。1日の営業時間は2時間限定、オープンから1000日しか営業しないなど、飲食店らしからぬ独自の"仕事幸福論"でも注目を集める経営者。「Boston Magazine」誌の「Best of Boston 2019」受賞。

<「近大をすすらんか。」営業実績>
売上:令和3年(2021年)10月~令和4年(2022年)3月 6,287,650円
   令和4年(2022年)4月~令和4年(2022年)11月28日 9,921,800円
   合計(令和4年(2022年)11月28日現在) 16,209,450円
杯数:令和3年(2021年)10月~令和4年(2022年)3月 7,413杯
   令和4年(2022年)4月~令和4年(2022年)11月28日 17,822杯
   合計(令和4年(2022年)11月28日現在) 25,235杯

【関連リンク】
近畿大学
https://www.kindai.ac.jp/