【パワハラの責任転嫁で解雇!】国内のコロナ感染者が10万人超!コロナの不安を感じる中、組合員のお悩みを解決しました

ミスをなすりつけられ解雇された組合員のお悩みを団体交渉で解決しました

このたび、当ユニオンは不当解雇をされた組合員のお悩みを解決しました。今回の事案はパワハラからの解雇ですが、コロナ解雇も相変わらず増加しています。国内のコロナ感染者が10万人を超えたことで、「コロナ感染の恐れがあるから解雇」というようなことも増加する恐れがあります。コロナ感染者の数字にも驚かされますが、今回の事案も驚くべきものでした。

コロナ感染者が10万人超!不安が増加する中、パワハラ解雇が発生!

2020年10月29日、とうとう国内の新型コロナウィルス感染者が10万人を超えました。クルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客も含めた数字となっていますが、現在も日々コロナ感染者がいる状況ですので、一層の対策をしていかなければなりませんね。

コロナ感染者が増えるということは、それにより会社から不当な扱いを受ける人も増える可能性があるということです。

「咳をしたらコロナを疑われて休業させられた」

「体調不良で大事を取って休んだら解雇された」

これからの季節、このようなことを会社からされる人が増えるかもしれません。

不当な扱いは、コロナに関することだけではありません。パワーハラスメント、いわゆるパワハラを受けている人も多くいます。

このたび、みんなのユニオンに寄せられたお悩みは、パワハラをされた末に解雇された、とてもひどいものでした。

パワハラ三昧のブラック企業からのひどい仕打ち!

※プライバシー保護のため内容を一部変更しております。

「おい、お前なんでこんなミスしてんだよ」
「え? 僕ですか?」
「お前以外に誰がいんだよ。ミスしたから減給な」
「え……」
「なんだよ、なんか文句あんのか?」
「……いえ、ありません」

佐川さん(仮名)は、A社に入社してからパワハラを受け続けていました。上層部の仲が良かったため、何かミスがあるとすぐに佐川さんの責任にされてきました。

身に覚えのないミスで叱責や罵声を浴びせられ、減給をされることもしばしば。仕事が終わるまで帰ることを許されず、日付をまたぐ日も少なくありませんでした。

(このままじゃ、身体が壊れる……)

実際に、佐川さんは体調を崩してしまいました。そして病院に行くと、上司はそのことについて激怒します。

「仕事が忙しいのに病院なんて行きやがって! その分俺が忙しくなるじゃねぇか!」
「も、申し訳ございません」
「働けないなら退職しろ……いや、死ね! 働くか死ぬか! どっちかしかお前には選択肢はねぇんだよ!」

あまりの暴言に絶句する佐川さん。その後も働き続けましたが、ある日「解雇」を言い渡されました。

「ミス多いし、お前解雇ね」

上司は、相変わらず威圧的な態度で、有無を言わせぬ口ぶりでした。

(散々ひどい目にあったのに、解雇されるなんて……)

佐川さんは怒りに震えました。そして、「不当解雇」についてインターネット検索をし、「みんなのユニオン」を見つけたのです。

170万円の解決金を獲得!ブラック企業に物申す!

佐川さんから解雇の相談を受けたみんなのユニオンの交渉員は、あまりの内容に驚きました。絵に描いたようなブラック企業ぶりに、佐川さんへお力添えをする意欲も上がります。

まずは、A会社宛に内容証明郵便を送付し、解雇の異議と就労の意思を伝えました。この2つを早急に伝えることは非常に重要で、解雇されてから何年も経ってから異議を申し立てても、「本当に解雇に異議があったの? 本当に就労したかったの?」と会社側に疑念を抱かせてしまいます。

内容証明の内容はそれだけではなく、佐川さんに対するパワハラにも言及し、民法709条に基づき慰謝料の請求をすることも伝えました。

A社との交渉は難航し、時間はかかりましたが、無事に170万円の解決金を支払ってもらうことで解決ができました。

(新たな職場で頑張っていくぞ!)

佐川さんは心機一転し、清々しい気持ちで一歩を踏み出し始めました。

パワハラ→解雇に屈するな!団体交渉で会社に一矢報いよう!

パワーハラスメント、いわゆるパワハラをされている方は、平成30年度、令和元年度にそれぞれ8万人を超えているという厚生労働省の発表があります。

パワハラだけでも相当辛いのに、そこから不当に解雇されたら、「なんで会社からこんな仕打ちを受けなければならないんだ」と激しい怒りが湧いてくると思います。

そのお気持ちを少しでも緩和させ、「会社に一矢報いた!」と思える未来を創るために、まずは無料相談をしませんか?

あなたの不当解雇、不当な失業をされた辛いお気持ちをお聞かせください。佐川さんのように、明るい一歩を踏み出しましょう!

団体交渉はオンラインで活動!現地に来ていただかなくても大丈夫!

みんなのユニオンは、組合費無料のオンライン労働組合として活動しています。

従来の労働組合は、組合員が労働組合とともに会社に赴き、「不当解雇反対!」、「解雇を撤回しろ!」と叫んで団体交渉をする場合が多いと思います。

しかし、当ユニオンのやり方は違います。オンラインで活動しているので、組合員に交渉の場に来てもらうことはありません。ZOOMや電話などで交渉員が会社と交渉を行うので、組合員は好きな場所で好きなことをして結果を待っていていただければ大丈夫です。

雇用契約書やパワハラの録音などは、交渉員とのやり取りの主体であるLINEやメールで送っていただくので、持参も郵送も必要ありません。

組合員の手間なく団体交渉を進めることができますので、「やることが多くて大変そう」、と心配な方も安心してご利用いただけます。

また、ユニオンの活動への参加義務も一切ございませんので、他の方の団体交渉に立ち会うことやその他の活動を担うこともありません。

都合がよくて使いやすいユニオンを目標としておりますので、働く中でお困りのことがある方は、ぜひお気軽にご利用ください!

活動実績とYouTubeでの活動

「みんなのユニオンの活動実績が分からないから不安……」という方は、ぜひ下記の「活動報告」をご覧ください。

当ユニオンの主な活動である
①ユニオン名義で企業に調査と是正を要求する通知書を送付する活動
②不当な解雇、雇い止め、内定取り消し、セクハラに関する無料相談を受け付けする活動
の活動内容が掲載されています。

また、当ユニオンの執行委員である岡野武志は、YouTubeでも活動しています。

YouTubeでは、話題の労働問題や働く人のためになる法律を分かりやすく解説しておりますので、ぜひご覧いただき労働に関する知識を蓄えましょう!

お問い合わせ

【みんなのユニオン】
・組合費永年無料
・47都道府県どこからでも加入可能
・加入はオンラインでのご記入だけ(3分程度)
・脱退自由
・組合の手伝い義務など、あらゆる負担なし

ホームページ:https://uaas.jp/
メールアドレス:info@uaas.jp
電話番号:0120-984-406
(24時間365日受付:※休日夜間は受付専用となります)
担当者:杉山