気鋭作家が描く新たな「ドメスティックサスペンス」が誕生! 『生贄たちの午後』小説&音楽が8月8日に発売&配信開始!

「音楽を読んでみた、小説を聴いてみた」小説×音楽のコラボ企画「オトトモジ」シリーズ

 出版社「双葉社」とインディーズおよび新人アーティストの音楽活動支援を行なう「Eggs」、小説投稿サイト「エブリスタ」の3社が組んで「小説」×「音楽」の新プロジェクト「オトトモジ」をスタートする運びとなりました。

「オトトモジ」は「音楽を読んでみた、小説を聴いてみた」をテーマに、小説の世界観を題材に音楽を制作するプロジェクトであり、その第一弾として、ドラマ化されて話題のマンガ『悪魔はそこに居る』原作者であり、小説家の清水セイカ氏とAyatoがコラボ作品を発表。清水氏が描き下ろした小説『生贄たちの午後』の作品世界をAyatoが音楽で表現した同名タイトル楽曲『生贄たちの午後』を2023年8月8日に出版&同時配信を開始します。

 タワーマンションという上下関係のわかりやすい世界で渦巻く、格付け、値踏み、ランク付け。小さなその社会のなかで繰り広げられていた女性住人同士のおぞましいマウント合戦。

 不可解なトラブルの連続。生贄になったら終わり。平凡な主婦を追い詰めるタワマンリンチがいまはじまる──。(『生贄たちの午後』あらすじ)

 人間の裏側の恐ろしさで話題作を連発する気鋭作家・清水氏による新たな「ドメスティックサスペンス」が誕生! 本小説ストーリーの主題となっている「偽善」をテーマにAyato自身が作詞作曲、楽曲を制作。小説の結末から浮かび上がる主人公の感情が表現されており、主人公が至る末路の「ナゼ」に対するアンサーが含まれています。新世代のアーティストAyatoが作る音楽は、楽曲中に隠されたメッセージが込められています。小説と音楽で広がるサスペンス・ストーリーをお楽しみください。

書籍概要

【タイトル】生贄たちの午後
【発売日】2023年8月8日(※予定)
【著者】清水セイカ
【予価】1650円(本体1,500円+税)
【出版社】双葉社
【体裁】四六判208ページ(※予定)

音楽配信概要

【タイトル】生贄たちの午後
【配信日】2023年8月8日(※予定)
【作詞/作曲】Ayato
※主要楽配信サイト・各種サブスクリプションサービスにて配信

著者プロフィール

清水セイカ しみずせいか
原作を担当したマンガ『悪魔はそこに居る』が吉谷彩子&石井杏奈のW主演で実写ドラマ化。『宿無しイケメン拾いました』はコミカライズされる等、話題作を連発する気鋭の作家。

アーティストプロフィール

Ayato(From 夜更かしさんは白昼夢を見る)
「夜更かしさんは白昼夢を見る」の作詞・作曲を務める匿名アーティスト。素性はこれしか明かされておらず、964に謎の執着がある。
https://eggs.mu/artist/Team_Yofukashi
https://twitter.com/Yofukashi_Ayato

Eggsとは

「Eggs(エッグス)」(https://eggs.mu/mu/)は、株式会社エッグスが運営する、インディーズを中心とした3万組以上のアーティストと50万人以上のリスナーが登録する無料音楽プラットフォームです。

 個人で活動するアーティストやインディーズ音楽関連企業向けのマネタイズ支援機能として「TOWER CLOUD(タワークラウド)」(https://towercloud.jp/jp/)を展開し、国内外の主要音楽配信ストア(DSP)へのディストリビューションやYouTubeの収益化、CD制作からタワーレコードでの販売契約まで、アーティスト活動をトータルにサポートしています。


AIが記事を作成しています