まもなく開催 若手実力派音楽家「ヴォーカル・コンソート東京」による『バッハ探求=受難から救済への道』 カンフェティでチケット発売

一般社団法人アートフォーラムNOAN主催、ヴォーカル・コンソート東京 演奏会『バッハ探求=受難から救済への道』が2024年1月31日 (水)に川口リリアホール 音楽ホール(埼玉県川口市川口3-1-1)にて開催されます。
チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 大剛)にて発売中です。

カンフェティにてチケット発売中
http://confetti-web.com/vct-bach

公式ホームページ
https://www.vctokyo.jp/

クリアな音色で圧倒する合唱団、繊細でスケールの大きいオーケストラ、そして会場一杯に鳴り響く壮麗なオルガンの響き、バッハの壮大な宇宙をお届けします。
演奏会では特に「受難」の意義に焦点をあて、キリストが苦難を担う意味を探求します。

<演奏曲目>

Jブラームス / モテット 《なぜ悩む人々に光は与えられたか》
J.Brahms Mottete „Warum ist das Licht gegeben dem Mühseligen? “Op.74-1

J.S.バッハ / 「イエス 我が喜び」によるオルガン幻想曲
J.S.Bach Fantasia super "Jesu,meine Freude" BVW713

J.S.バッハ / モテット 《イエスよ、私の喜び》
J.S.Bach Mottete „Jesu,meine Freudee“ BWV 227

(休憩)

C.トゥルヌミール /オルガンによるコラール即興曲 《復活の犠牲に称讃を》(編曲:デュリュフレ)
C. Tournemire Choral-improvisation sur le „Victimae paschali laudes“(arr. by M.Duruflé) 

P.ローソン/ 復活祭の続唱「復活の犠牲に称讃を」(6声のアカペラ曲)
P,Lawson Sequence for Easter Sunday “Victimae paschali Laudes”

*上記2曲の旋律はカンタータ4番で使用されている中世の復活祭用聖歌。作詩はヴィポ Wipo。

J.S.バッハ /カンタータ 第4番 《キリストは死の呪縛につかれた》
J.S.Bach Kantate „Christ lag in Todes Banden“ BWV 4

開催概要

ヴォーカル・コンソート東京 演奏会『バッハ探求=受難から救済への道』
開催期間:2024年1月31日 (水)
会場:川口リリアホール 音楽ホール(埼玉県川口市川口3-1-1)

■出演者
【指揮】 四野見和敏
【ソリスト】
ソプラノ/佐藤裕希恵 アルト/横町あゆみ テノール/曽部遼平 バス/木谷圭嗣
【合唱/アンサンブル】 ヴォーカル・コンソート東京  
【管弦楽】VCTバロック・オーケストラ
【パイプオルガン独奏】 千田 寧子

<ヴォーカル・コンソート東京メンバー>
ソプラノ I :池田真紀 石井実香 佐藤裕希恵 森川郁子
ソプラノ II:大田茉里 大森彩加 小松奈津子
アルト  :古賀裕子 佐藤智子 新明裕子 新田壮人 横町あゆみ
テノール :荒木俊雅 曽部遼平 町村 彰 山本和之
バス   :阿部大輔 木谷圭嗣 目黒知史 沼田盛也

【合唱/ヴォーカル・コンソート東京 Vocal Consort Tokyo】

指揮者の四野見 和敏が2014年に設立したプロフェッショナルな合唱団。オーディションで選ばれた若手声楽家で編成されている。バロックからロマン派、そして近現代のアカペラの合唱曲をレパートリーに持つ。様々な時代の作品に対応するために、その時代が求める時代様式や歌唱法の統一に重点を置いている。この合唱団は澄んだ柔らかな音色を持っている。音楽批評誌「メルキュール・デザール」では「純度の高い演奏。クリアかつ豊饒な響きに圧倒される」と評価されている。

【管弦楽 / VCTバロック・オーケストラ VCT Barockorchester】

古楽器によるオーケストラで、国内外の第一線で活躍する古楽の名手たちで編成されている。これまでシュッツ、ヘンデル、バッハなどの宗教作品の演奏で高い評価を得ている。言葉に寄り添った演奏でその語感や陰影を描き、透明感のある音色と躍動感で新鮮な音楽を生み出している。

■開催スケジュール
01月31日(水) 18:30 開場/19:00 開演

■チケット料金
一般:4,000円
学生:2,000円 ※当日学生証をご持参下さい
(全席自由・税込)

※当日券は500円増


AIが記事を作成しています