1000通貨単位の少額取引ができるFX

FXの通貨には1通貨、100通貨、1000通貨、1万通貨の4種類があります。

それぞれ必要な資金が違うため、 自分の資金に合った通貨単位を選ぶことが大切です。

なかには1万通貨単位のみで取引する口座もあり、1万通貨は100万円ほどの資金を用意しなければならないので投資するのは困難でしょう。

1000通貨なら必要な資金を抑えられ、損失のリスクも下がるため、初心者でも安心して取引することができます。

初めてのFXならココ!1000通貨対応&サポート抜群

1000通貨とはいくら?

その日の為替レートにより変動しますが、例えば1ドル=100円の場合、1000通貨で必要な資金は10万円です。

1ドル=101円の場合は、10万1,000円の資金が必要となります。。

しかし1000通貨であれば、10万円を用意しなくても取引が可能です。

自己資金の最大25倍までの取引ができる「レバレッジ」という仕組みを利用し、

10万円÷25=4,000円

レバレッジを25倍にすれば4,000円程度の資金で、10万分の取引を行うことができます。

FXの1000通貨取引におけるメリット

少しの資金でOK

1000通貨でレバレッジを利用すれば、少しの資金でFXを始めることができます。

大金を用意せず手軽に取引ができるので、FX初心者や学生・主婦の方にもおすすめです。

「1通貨の方がもっと少ない資金で始められるのでは?」と思った方もいるかもしれませんが、もちろん1通貨からも始めることはできます。

しかし、その分利益もわずかしかありません。

低リスクで運用できる

1000通貨で取引して損をしても、ダメージはそこまで大きくありません。

少ない資金でFXの流れが身につき、たくさんの経験を積むことができます。

FXで利益を生むためには、相場の流れを知ることが非常に大切です。

初心者はまず1000通貨で経験を積みながら、相場の流れを身につけていきましょう。

初心者でも負担が少ない

FX未経験だと「損するかもしれない」「自分にできるか不安」など、マイナスなイメージを抱えている人も多いと思います。

1000通貨での取引は 少しの資金から低リスクで運用できるため精神的な負担が少なく、お試し感覚で始めてみたい初心者にぴったりです!

FXはどんな風に取引するのか、実践して身につけたい人にもおすすめです。

FXの1000通貨取引におけるデメリット

利益が少ない

デメリットはやはり利益が少ないことです。

1000通貨の取引は1,000円単位で損益が生じるため、1万通貨よりも利益は少なくなります。

しかし、1000通貨のデメリットは利益が少ない点だけです。

FX初心者は利益を増やすよりも、リスクを減らすことがポイント。

1000通貨はメリットが多く、 ローリスク・ローリターンで取引できるため、初心者でも安心です。

まずは1000通貨取引で経験を増やし、慣れたら取引額を増やすとよいでしょう。

FXの1000通貨取引で気を付けること

FXの1000通貨で取引を行う際、レバレッジをかけすぎないように注意してください。

高倍率のレバレッジをかけてしまうと、含み損を抱えた際、損失の拡大を防ぐためにFX会社が強制決済する場合があります。

レバレッジは最大でも3倍程度に留めるのが損失を抑えるポイントです。

少額での取引が物足りないと感じ、レバレッジをかけすぎてしまい、場合によっては大きな損失を招いてしまいます。

1000通貨から少額で取引できるオススメFX会社!

外為オンラインなら4000円からと少額から取引ができ、「iサイクル2取引」という自動で取引してくれるシステムがあり、初めての方でも安心してFXを始めることができます!