【ダイキン】米国Goodman社の社名を 「Daikin Comfort Technologies North America」に変更

北米における環境先進企業としてのコーポレートブランド確立をめざす

ダイキン工業株式会社は、このたび、米国子会社であるGoodman社(Goodman Global Group, Inc.、本社:米テキサス州ウォーラー市)の社名を、2022年4月1日付で「Daikin Comfort Technologies North America, Inc.」に変更することを決定しました。

当社は2012年、世界最大の空調市場である北米における事業拡大を目的に、米国住宅用空調のリーディングメーカーであるGoodman社を買収しました。2017年には、これまでGoodman社が米国内に保有していた4工場と、本社、物流拠点を統合し、テキサス州ヒューストン近郊に住宅用・業務用空調機、暖房機器などを生産するダイキングループ最大規模の工場「Daikin Texas Technology Park」を設立しました。同拠点では、従来の機能に加え、新たにR&D機能も設けて商品開発体制を強化するなど、北米における空調事業のさらなる拡大を図ってきました。現在、北米における当社空調事業の売上高は2012年のGoodman社買収時の2倍以上となり、グローバル160ヵ国以上で事業展開をする当社グループにおいて最大の売上高を誇る地域となっています。

近年の世界的なカーボンニュートラルの潮流を受け、北米においても環境に対する関心が加速度的に高まっています。今回、同地域における環境先進企業としてのコーポレートブランドの確立をめざし、環境技術で世界の空調市場をリードするDaikinを冠した社名への変更を意思決定しました。Daikin Comfort Technologies North America社では、環境対応の促進を目的とした専任組織も新設し、低温暖化冷媒HFC-32(R32) や、インバータやヒートポンプ等の環境技術を採用した空調製品のさらなる普及を目指します。

また、これまでGoodman社においては、Daikin・Goodmanの各ブランド事業を別々の組織にて運営していました。今後はダイキンが持つコア技術、環境ソリューション製品と、Goodmanが持つ強固で広大な販売・物流網の強みをより一層活かしていくため、今回の社名変更と併せて、ダイキン・Goodmanブランドの事業組織も統合します。これにより、社内連携や機動力を向上し、一つのビジョンのもとで北米空調市場における環境ソリューション製品のさらなる普及と事業の拡大を目指します。なお、今回の社名・組織変更後もGoodmanの他、Amana、Quietflex等の製品ブランドは存続します。

当社は2025年を目標年度とする戦略経営計画FUSION25において、北米空調市場でNo.1となることを目指しています。今回の社名・組織変更により、北米におけるさらなる事業の拡大と環境先進企業としての地位確立を進め、サステナブルな社会への貢献とグループの成長を実現していきます。

【当該子会社の概要】
現社名:Goodman Global Group, Inc.
新社名:Daikin Comfort Technologies North America, Inc.
代表者:赤間 悟
所在地:Daikin Texas Technology Park, 19001 Kermier Road, Waller, TX, 77484, U.S.A.
社名変更日:2022年4月1日

〔お問い合わせ〕
ダイキン工業株式会社 コーポレートコミュニケーション室
大阪(06)6373-4348/東京(03)6716-0112
prg@daikin.co.jp