ダンス部がアメリカで開催される世界大会へ 東広島市長を表敬訪問し、日本代表決定を報告

近畿大学附属広島中学校東広島校(東広島市)ダンス部は、平成31年(2019年)3月にアメリカで開催されるダンスドリルの世界大会「MISS DANCE DRILL TEAM INTERNATIONAL2019」の日本代表に選出されたことを受け、平成30年(2018年)10月22日(月)に、東広島市長 高垣広徳氏を表敬訪問します。

【本件のポイント】
●3月にアメリカで開催される、ダンスドリルの世界大会「MISS DANCE DRILL TEAM INTERNATIONAL2019」にダンス部が出場決定
●東広島市長を表敬訪問し、日本代表への選出を報告
●ダンス部は創部6年目で、日本代表として世界大会へ出場するのは2回目

【大会について】
ダンスドリルはアメリカ西海岸が発祥の地で、現在アメリカの高校では、正規の授業として単位が認められているほど人気があります。本校のダンス部は、平成30年(2018年)7月30日(月)に大阪(会場:丸善インテックアリーナ大阪)で開催された、「2018全国中学校ダンスドリル選手権大会」のHIPHOP女子部門、スモール編成(1チーム10人以下)で準優勝し、審査員特別賞を受賞。平成31年(2019年)3月23日に、アメリカ・ダラスで開催される世界大会「MISS DANCE DRILL TEAM INTERNATIONAL2019」の日本代表に選出されました。ダンス部は創部6年目で、中四国大会を1位通過で全国大会出場を果たしました。日本代表への選出は今回で2回目です。

<東広島市長の表敬訪問について>
■日 時:平成30年(2018年)10月22日 16:30~17:00
■会 場:東広島市役所 市長室(広島県東広島市西条栄町8−29)
■参加者:近畿大学附属広島中学校東広島校 ダンス部顧問 小谷 啓太(おたに けいた)
     ダンス部員 3年生 星野 来実(ほしの くるみ)、村上 海音(むらかみ みおん)、中谷 瑚花(なかたに こはる)、2年生 佐藤 涼音(さとう すずね)

全国大会へ出場したダンス部
全国大会へ出場したダンス部