100年企業レポート vol.31 静岡編

100年企業戦略研究所(https://100years-company.jp/)では「1 社でも多くの100年企業を創出するために」をモットーに100年企業に学ぶ経営哲学やリーダー論、
東京を中心とした都市力に関する独自の記事のほか、関連するイベント・セミナーの開催情報を発信しております。

今回は、100年企業レポート静岡篇についての記事を公開いたしました。

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

静岡県の100年企業に関する分析

静岡県には世界遺産である富士山をはじめ、ダイナミックな自然を体感できる場所が多く存在する。そのなかでも、東部に位置する伊豆半島は2018年に「世界ジオパーク」に認定され、太古の火山活動によって形成された城ヶ崎海岸や堂ヶ島など、自然が生み出した独特の景観を見ることができる。

静岡県の100年企業数は、1,176社であり、全国7位である。

東京など大量消費地である大都市に近く交通環境がよいことや、富士の麓の豊富な地下水源を利用できることから製紙工場が多く集積する。特に製紙業が盛んな富士市は「紙のまち」と呼ばれ、トイレットペーパーやティッシュなど衛生用紙が全国トップシェアを誇る。また、市内には紙のアートミュージアムや体験施設があり、紙のもつ魅力を発信している。

本レポートでは、100年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、静岡県の特性を分析した。