総勢12,533名が参加したジャパンドローン2021が閉幕。ご盛況を頂き、ありがとうございました。《EDAC特別キャンペーン継続決定!》

 一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(所在地:東京都千代田区、理事長:稲田 悠樹、以下 EDAC[イーダック])は、2021年6月14日(月)~16日(水)の期間で、幕張メッセにて開催された日本最大のドローン専門の展示会「Japan Drone 2021」に株式会社リアルグローブ(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:大畑 貴弘、以下 リアルグローブ)と共同で出展いたしました。当日、ご来場頂きました皆様には心よりの御礼を申し上げます。
 また、前年を上回るご盛況をいただいた御礼として、展示会で実施していた特別キャンペーンを一部、7月末まで期間を延長して実施いたします。様々な事情により当日お越しいただけなかった方も多くいらっしゃるかと思いますので、この機会にEDACへのご入会やEDACが監修したHec-Eyeのトライアル利用をご検討いただけましたら幸いです。

Japan Drone 2021
Japan Drone 2021

7月末まで特別キャンペーン実施中!

【キャンペーン内容】
◆入会金免除◆
7月末までに賛助入会のお申し込みを頂いた方の入会金を免除!
・入会金無料で、年会費のみでご入会いただけます。 ※公共会員は、入会金・年会費共に無料です。
・会報誌のバックナンバー(計6冊)+コロナ特別号+アンケート調査報告書の計8冊をご進呈いたします。

◆トライアル期間延長◆
Hec-Eyeのトライアル提供期間、通常1ヶ月間のところを2ヶ月間に延長!
・6月もしくは7月開催予定のEDACオンラインセミナーにお申込み頂いた方に、通常1ヶ月間のHec-Eyeトライアル提供期間を2ヶ月間に延長してご提供いたします。

<EDACが独自に発行する会報誌の最新号Vol.6表紙>
<EDACが独自に発行する会報誌の最新号Vol.6表紙>

 当協議会は、設立以来「救える命を救える社会」の実現を目指し、先端技術を活用した取り組みの普及促進に取り組んで参りました。現在は、救急医療・災害対応での活用に留まらず、地域づくりや地域活性化といったより生活に身近な分野での活用もテーマに活動を推進しております。
 今後も展示会出展やシンポジウム等のイベント開催といった様々な活動を通じて、ドローンをはじめとする先端技術の利活用情報の発信や普及展開に向けた取り組みを推進して参ります。


【お問い合わせ先】

■EDAC事務局
担当 :今井
電話 : 03-5413-7398 / 070-3971-4929
メール: info@edac.jp


【Hec-Eyeについて】

「Hec-Eye」は株式会社リアルグローブが、EDAC監修のもと開発した、ドローン等からの取得情報を地図上に集約し共有するプラットフォームで、総務省の「平成27年度補正予算IoTサービス創出支援事業」の採択案件を通じて構築されたリファレンスモデル(成果物)を核として開発されたサービスです。救急医療・災害対応分野での活動支援や業務効率化を目的として開発され、現在は鳥獣害対策や観光分野等も含めたより広い分野で活用されています。

「Best of Japan Drone Award 2019」では、ソフトウェア部門の最優秀賞に選出されました。
「Best of Japan Drone Award 2019」では、ソフトウェア部門の最優秀賞に選出されました。

《Hec-Eyeに関するお問い合わせ》
Hec-Eyeに関するご相談や導入、代理店販売、セミナー依頼等に関するお問合せは、以下の窓口までお願いいたします。
株式会社リアルグローブ Hec-Eye問合窓口
■担当 :寺西
■電話 :03-6380-9372
■メール:pr@realglobe.jp

【EDACについて】

団体名     :一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等
         自動支援システム活用推進協議会(通称:EDAC)
所在地     :〒101-0061
         東京都千代田区神田三崎町2-20-4 八木ビル201号 EDAC窓口
代表者     :稲田 悠樹
URL       :https://www.edac.jp/