【オンラインセミナー】病の歴史から考えるコロナ対策と危機管理

2021年10月19日開催

新建新聞社/リスク対策.comは10月19日、「病の歴史から考えるコロナ対策と危機管理」をテーマにオンラインセミナーを開催します。特別講師として奈良女子大学生活環境学部の鈴木則子教授をお迎えし、感染症の歴史から病気と社会(共同体・会社組織)との関わりをひも解きます。

長期化するコロナ禍が各方面に深刻な影響を与えていますが、日本社会が感染症の危機に直面したのは今回が初めてではありません。科学技術がいまほど発達していなかった近代以前にも、感染症と向き合ってきた歴史があります。そこには現代と共通する課題があり、また現代の組織・個人が参考にすべき解決のヒントが多くあります。

目の前の実務から一歩引いて、病気と私たちの社会を大きくとらえ直す機会を提供します。

開催概要

◆日時:2021年10月19日(火)
    16:00~17:00(事前映像の配信開始 15:45~)
◆方式:Zoomウェビナーを使ったライブ配信
◆主催:リスク対策.com(株式会社新建新聞社)
◆定員:100人
※参加費無料 要リスク対策.com会員登録(無料)

錦絵「麻疹退治」1862(文久2)年制作。感染対策で商売が成り立たなくなった遊女、酒屋、落語家、床屋などが麻疹の鬼を叩きのめしている(提供:鈴木則子教授)
錦絵「麻疹退治」1862(文久2)年制作。感染対策で商売が成り立たなくなった遊女、酒屋、落語家、床屋などが麻疹の鬼を叩きのめしている(提供:鈴木則子教授)