パットミスを減らすパター練習器具『PuttOUT(パットアウト)』が好調! 「Platinumプレッシャーパットトレーナー」 販売開始3週間で200セットが完売、当初計画の1.5倍

支援者の5割が20代から30代、若年層に人気

フィットネス器具商社の株式会社GROW(本社:東京都世田谷区、代表取締役:齋藤浩喜、以下グロウ)がクラウドファンディング(GREEN FUNDING)で販売する、ゴルフのパッティング練習器具『PuttOUT(パットアウト)、以下パットアウト』の新製品「Platinumプレッシャーパットトレーナー」が、2021年7月22日(木)19時から約3週間で目標の200セット(セット価格、税込17,400円)を完売したことをお知らせします。このペースは当初計画の1.5倍ほどの早さで、8月24日現時点で、241セット(税込4,240,250円)を販売し、クラウドファンディング最終日に当たる8月31日までには最終300セットを販売し、売上は520万円を達成する勢いです。

パットアウトの新製品「Platinumプレッシャーパットトレーナー」
パットアウトの新製品「Platinumプレッシャーパットトレーナー」

順調に売り上げを伸ばしたパットアウトの「Platinumプレッシャーパットトレーナー」(定価税込12,000円)は、人気シリーズ「プレッシャーパットトレーナー」の新製品であり、科学的根拠を立証するうえで必要な材質や質感にこだわったモデルです。2021年9月末を目途に、クラウドファンディング支援者へ発送を終えた後、今年の11月から12月にかけて一般販売を開始する計画です。

ゴルフブームが若年層にも影響、支援者に20代から30代が5割

長引く在宅勤務、三密対策の影響で若年層ゴルフブーム到来か
長引く在宅勤務、三密対策の影響で若年層ゴルフブーム到来か

200名を超えるクラウドファンディング支援者の傾向を見ると、20代から30代が全体の5割、ゴルフユーザーが多い50代以上は1割強という結果となりました。長引く在宅勤務、さらに、若いプロゴルファーの活躍が目立つようになってきた背景からか、運動不足解消と三密対策を一挙にクリアできる若年層が楽しむスポーツとして、ゴルフが選択肢として挙がっているのではないか、と推測できます。「在宅期間に自宅でゴルフを楽しめる。そんな若年層の需要にマッチした商品と言えます」(グロウ代表、齋藤浩喜)

パットアウトなら、自宅で本気のパット練習ができる

パットアウトなら自宅で本格的なパット練習が可能に
パットアウトなら自宅で本格的なパット練習が可能に

パットアウト最大の特徴は、本物のボールがカップインするときの理論を科学的に分析することで放物線状のスロープが、ミスパットを正確に再現し、カップオーバーした距離や方向が、正確にボールが手元に戻るようになっている点です。重量も約170グラムと軽量化し、折り畳んだサイズが約15センチとコンパクトになるため、本気のパット練習が自宅のちょっとしたスペースで練習が可能です。「長引くコロナの影響でゴルフ場へ行けない間でも、パットアウトがあればパットの技術に差をつけるチャンスです」(グロウ代表、齋藤浩喜)

クラウドファンディングでは現在、「Platinumプレッシャーパットトレーナー」の他にオリジナルのパッティングマット、アドレス時のパターのフェースとトップラインの位置、自分の目線とボールラインを正確に確認することができるコンパクトな「パッティングミラー」が全てセットとなった特別パッケージ「Putting Studio set(パッティング スタジオセット)」(数量限定)を通常価格に対して25%オフで提供しております。

パットミスを減らすパター練習器具PuttOUT(パットアウト)クラウドファンディングサイト:
https://greenfunding.jp/piucrowdfunding/projects/5009/

「Platinumプレッシャーパットトレーナー」の特徴について

パットアウトが開発した「Platinumプレッシャーパットトレーナー」の大きな特徴は3つあります。
一つ目は、ミスパットをした場合、リアルなパッティング同様に、ボールがカップをオーバーした距離と同じ距離でプレーヤーへ戻ってくる点です。「本物のボールがカップインするときの理論を科学的に分析することで、オリジナルで設計した放物線状のスロープが、ミスパットを正確に再現することに成功しました」(パットアウト創業者)とのことで、ミスをしても次のショットの距離が正確に分かるのが特徴です。
二つ目は、完璧なショットだけが“ピタッと”止まる、ゴルフボールと同じサイズの穴が中央にある点です。スロープの真ん中を少しだけ窪ませ、側面はリップアウト(カップにボールが蹴られる時)を再現した起伏をつくることで、どの角度からでもリアルなパッティングを再現しました。穴に吸い付くような感触が癖になると評判です。
三つ目は、持ち運びが簡単である点です。コース上のショットの約40%はパターと言われているにもかかわらず、多くのゴルファーはパターの練習機会が少ないのが現状で、苦手と感じているプレーヤーも多いのでは思います。そこで「Platinumプレッシャーパットトレーナー」の重量を約170グラムと軽量化し、高級感あるデザインと質感にも拘り、折り畳んだサイズが約15センチとコンパクトにすることで、いつでもどこでもパッティングの練習ができる環境を用意しました。

コンパクトに折り畳める「Platinumプレッシャーパットトレーナー」
コンパクトに折り畳める「Platinumプレッシャーパットトレーナー」
PuttOUT Mat(パットアウトマット)
PuttOUT Mat(パットアウトマット)
パットアウトCompact Mirror(コンパクトミラー)
パットアウトCompact Mirror(コンパクトミラー)

「Platinumプレッシャーパットトレーナー」製品概要

定価:税込12,000円
カラー:1色(シルバー×グレー)
本体サイズ:10.7cm x 15.3cm x 20.5cm
本体重量:177g
素材:ランプ部分/軽量アルミ、ボディ部分/強度プラスチック素材
その他:滑り止めグリップ付き

PuttOUT Mat製品概要

本体重量:スリム 1.1kg / ミディアム 2kg
長さ:10フィートグリーン
その他:1.8mまでのマーク、アライメントライン、ペースターゲットがプリント、巻き癖が付かない仕様
※このたび、特別パッケージ「Putting Studio set(パッティング スタジオセット)」として提供しています。

Compact Mirror(コンパクトミラー)製品概要

サイズ:21 x 10.8 x 1㎝
本体重量:97g
その他:傷防止資素材を使用(ラバー加工)、底部に1.5mmのスパイク付(滑り止め防止)
※このたび、特別パッケージ「Putting Studio set(パッティング スタジオセット)」として提供しています。

株式会社GROWについて

GROWは、ウェブマーケティング事業を柱に、国外の新しい商品をいち早く日本国内で認知・販売につなげる輸入代行事業を主に展開するベンチャー企業です。大きな特徴のひとつとして、総勢40社以上が加盟する輸入商社団体「PIU—Professional Importers' Union」の代表も務め、中小企業が大手商社にも太刀打ちできる仕組みを構築。2017年4月からPIUが行ってきたクラウドファンディングの販売実績(2021年6月現在)は、約3年で件数120件、総額8億円を超える。中小企業のフットワークの良さとSNSによる情報連携を駆使しながら、まだ日本に無い商品をいち早く仕入れ、インターネットを中心にマーケティング・販売を展開しています。

企業名:株式会社GROW(グロウ)
代表者:代表取締役 齋藤 浩喜
創業:2015年3月
住所:東京都世田谷区2丁目4-5
事業内容:輸入・事業・WEB販促コンサルティング
資本金5,000,000円
企業HP:http://grows.co.jp/