「社会人になって彼女ができない?できない理由とできる方法」DANDY LABO.にてダイエットに関する記事を公開!

男磨きを総合的にプロデュースするダンディハウスからお届けします!

社会人になったら自然と彼女ができて、週末はデートして・・・という日々を想像していたのに、彼女ができないとすれば、それは大きな悩みになるものです。彼女が欲しいのにできない、そもそも彼女をつくる方法がわからないという場合、どうすれば良いのでしょうか?

今回は、彼女が欲しいという社会人の方のために、彼女をつくるためにはどうすれば良いのか解説します。

彼女が欲しいのにできない理由

彼女が欲しいという強い願いがあるのに、彼女がなかなかできないのであれば、まずはその理由を分析してみましょう。

彼女ができない理由がはっきりすると、彼女をつくるために何をすればよいかがはっきりしてきます。

以下に当てはまる点があれば、それが彼女が欲しいのにできない理由なのかもしれません。

そもそも出会いがない

社会人になってから、自分の生活範囲の中で女性との出会いがほとんどないと、いくら彼女が欲しいと思っていてもできにくくなります。

もしも毎日が家と職場の往復で終わり、休日は家でずっと休んでいるといった生活を送っているのであれば、いつまで経っても彼女はできない可能性が高いです。

また、男子高出身で理系の大学を出て、男性ばかりの職場で働いている、そんな女性のいない環境に慣れてしまっている男性も、環境を変えないと出会いがないかもしれません。

清潔感がない

多くの女性が恋愛の最低条件にあげるのが「清潔感」です。社会人になっていながら清潔感がない男性に魅力を感じない女性は多い傾向にあるので、清潔感があるかどうかに気を配ることは大切なポイントと心得ておきましょう。

寝癖が付いていたり、服にシミやヨレがあったり、ヒゲが中途半端に伸びていたりすると、女性から不潔な印象を持たれてしまいます。

清潔感の基準は男性より女性が高いので、自分では大丈夫と思っていても女性からは「清潔感がない」とみなされてしまうかもしれません。女性目線の清潔感を意識しながら、髪形や服装、身だしなみを整えるようにしましょう。

お金にシビア

節約することは良いことですが、社会人で収入があるにもかかわらず、女性とのデートでお金にシビア過ぎるとモテにくい可能性があります。

会計の際に1円単位できっちり割り勘する、お金のかかるところにデートでいこうとしない、といったことがあると、女性はデートを満喫することができないでしょう。

デートの食事代は男性が必ず奢るべきとはいいませんが、きっちり割り勘でなくちょっと男性が多めに払うくらいのほうが、余裕のある魅力的な男性に見えるはずです。

理想が高い

理想の女性像をイメージすることは普通のことですが、理想が高くて女性を選り好みしてしまっていると、彼女をつくることがなかなかできません。

顔もスタイルも性格も自分好みという女性はそうそういませんし、いたとしてもあなたがその女性に釣り合っているかわかりませんし、付き合えるかどうかも別問題です。

理想が高いと彼女ができないまま時間だけが経っていってしまい、そのうちに選べる範囲も狭くなってしまうので、いつまで経っても彼女ができないということになりかねません。

彼女を作るためにできること

彼女が欲しいけどできないと悩んでいて、行動に移さずつくるのは難しいでしょう。彼女をつくるためには、今から行動することが大切です。

彼女をつくるためにできる具体的な方法を紹介しますので、まずはできるところからはじめてみてください。