市場の魅力を伝える 第四弾(番外編 )【 FMおたる たぐちともこのICHIBA SANPO 】市場TOTEを片手に

小樽市民はもちろん、札幌からも多くのお客さんが来る大人気の市場たち

大好きな「小樽の市場文化」を全国の皆様に伝えたい

小樽と北前船の歴史と文化をお伝えする小樽百貨UNGA↑(運営:うんがぷらす株式会社 〒047-0031小樽市色内2-1-20)は、小樽に今なお6つある市場の魅力を伝える『FMおたる たぐちともこのICHIBA SANPO』の第四弾「【ICHIBA SANPO vol.4】小樽市漁業協同組合 地方卸売市場(番外編)」を公開いたしました。

小樽には今、中央市場、中央卸売市場、三角市場、鱗友市場、南樽市場、新南樽市場という6つの市場があります。人口11万人の街で6つの市場があることは、実はすごいことだったりします。小樽市民はもちろん、札幌からも多くのお客さんが来る大人気の市場もある一方、これまでに消えていった市場も多数あります。現存している6つの市場がずっと小樽の街に残っていくように、食のエンターテインメントである「市場」の魅力をお伝えして、少しでも多くの人にPRしていければと考えています。

小樽百貨UNGA↑

海運で拓けた街「小樽」から開運を願い、明治の初めに北海道初の営業倉庫として使われた旧小樽倉庫本庫に2019年ショップオープン。小樽と北前船が生んだ歴史と文化を伝えるセレクトショップです。今なお小樽に遺る歴史や文化を載せたオリジナル商品や地元クラフト作家の作品と併せて、かつての北前船寄港地のセレクト良品を取り扱います。1階はオリジナル商品と作家作品をメインで扱う店舗。2階は作品展を中心にしたアートギャラリーになっています。