コストリーダーシップ戦略とは?企業の具体的な成功事例や導入のメリットを分かりやすく解説!

コストリーダーシップ戦略とは、競合他社と比べて安い価格で商品を提供することで自社商品の優位性を高め、顧客を集める戦略です。

マクドナルドやAmazon、ユニクロなど、コストリーダーシップ戦略を導入することで売上を伸ばした企業は数多くあります。

本記事では、コストリーダーシップ戦略のメリットや導入手順を解説します。

コストリーダーシップ戦略を導入した企業の成功事例も紹介しているので、自社で導入する際の参考にしてください。

コストリーダーシップ戦略とは?

コストリーダーシップ戦略とは、競合他社よりも安い価格で商品を提供する戦略を指します。

コストリーダーシップ戦略を導入し、商品の原価を抑えて利益率を高めることで企業利益の最大化が期待できます。

ビジネスにおいてコストリーダーシップ戦略を導入することで、顧客に対して価格面で自社商品の優位性を示すことが可能です。

マイケル・ポーターにより提唱された3つの基本戦略

コストリーダーシップ戦略は、ハーバード大学の教授であるマイケル・ポーターによって提唱されたビジネスにおける基本戦略です。

マイケル・ポーターは、ビジネスにおいて競合他社に打ち勝つために、「コストリーダーシップ戦略」・「差別化戦略」・「集中戦略」の3つの基本戦略の重要性を述べています。

コストリーダーシップ以外の基本戦略について、以下で確認します。

差別化戦略

差別化戦略とは自社商品の独自性を強調することで、他社の商品と差別化を図る戦略です。

他社商品と差別化する観点には、商品の機能性、品質、技術力、ブランドイメージ、顧客対応などがあります。

また、差別化戦略に置いて重要なのは、顧客に自社商品の価値を正しく認知してもらうことです。

自社の商品を他社商品と差別化し、顧客に自社商品の価値を正しく伝えることで、多くの顧客から注目を集めることができ、売上の増加につながります。

集中戦略

集中戦略とは、商品を販売するターゲットを特定の狭い範囲に絞り込み、自社の経営資源を集中的に投資していく戦略です。

マーケティングにおける経営資源の投入先を特定のマーケットに絞ることで、浮いた経営資源を商品の生産に当て、より品質の高い商品を提供することが可能です。

自社の事業規模が競合に劣っている場合でも、特定の市場に自社の経営資源を集中させることができるため、特定の市場では大企業に勝つことができるのです。

プライスリーダーシップとの違い

コストリーダーシップと良く間違われる用語としてプライスリーダーシップがあります。

プライスリーダーシップとは寡占的な業界において、各企業の商品価格の決定に大きな影響を与えるリーダー企業を指します。

プライスリーダー企業は、それぞれの業界において最も大きなシェア率を誇るため、他社はプライスリーダー企業の価格設定を参考に自社商品の価格を設定する傾向があります。

一方でコストリーダーシップ戦略とは、業界で最も低い事業運営コストで商品を提供することで競争上の優位に立つ戦略を指します。

プライスリーダーシップとコストリーダーシップでは、言葉の意味が大きく異なるので注意してください。


(続きは以下リンクよりご覧ください。)

会社概要

ククレブ・アドバイザーズ株式会社

設  立 :2019年7月
所 在 地 :〒101-0047
      東京都千代田区内神田一丁目14番8号 KANDA SQUARE GATE 8F
資 本 金 :400,000,350円(資本準備金含む)
事業内容 :AI・IoT を活用した CRE 営業支援ツールの企画・開発・販売、
      CRE アドバイザリー業務、コンパクト CRE 不動産投資・開発業務等
サ イ ト :https://ccreb.jp/

ククレブ総合研究所(レポート内容)に関するお問合せ

ククレブ・マーケティング株式会社
お問合せ窓口
電話番号:03-6272-8642
E-mail  :contact@mktg.ccreb.jp