昭和女子大学附属昭和小学校・中学校の混成チーム「Laurels」 世界最大級のロボットコンペティション「VEXロボティクス」の日本代表チームに選出!

 昭和女子大学附属昭和小・中学校に在籍する小学生3人と中学生1人による混成チーム「Laurels(ローレルズ)」が、2月26日に開催された株式会社Tokyo Global Gateway(東京都江東区)主催「VEX IQ Competition Japan Nationals」のミドルスクール部門に出場し、「デザインアワード」受賞と「ロボットスキルスチャレンジ」2位という優秀な成績を収めました。同チームは5月に米国テキサス州ダラスで開催される「VEX Robotics World Championship 2023」に日本代表として出場します。

 「VEX IQ Competition Japan Nationals」において、Laurelsは「Slapshot」という競技に挑戦しました。「Slapshot」は、「チームワークチャレンジ」と「ロボットスキルスチャレンジ」で高得点を競う競技です。また、これらの得点評価とは別に、「デザインアワード」や「エクセレンスアワード」といった賞が授与されます。Laurelsが受賞した「デザインアワード」は、エンジニアリング・ノートブックの審査や英語でのチームインタビューを通じて、ロボットのデザインプロセスや機能性が評価されます。「ロボットスキルスチャレンジ」は、コントローラー操作によるロボットのドライビング技術で得点を競う「ドライビングスキルスマッチ」と、プログラミングによる自律走行のみで得点を競う「プログラミングスキルスマッチ」の合計点で評価されます。

Laurelsのメンバーと基本的な役割分担は下記の通りです。
 ・附属昭和中学校1年 市川はるさん
  (メインドライバー、ロボットビルダー)
 ・附属昭和小学校6年 前島香音さん
  (サブドライバー、ロボットデザイン)
 ・附属昭和小学校6年 小林千紘さん
  (サブドライバー、プログラマー)
・附属昭和小学校5年 土屋莉乃さん
  (サブドライバー、サポートメンバー)

 昭和女子大学附属昭和小学校出身で、昨年の世界大会に出場した市川さんが2回目の世界大会出場を目指し、後輩の前島さん、小林さん、土屋さんを誘い「Laurels」を結成しました。
 世界大会の「VEX Robotics World Championship」は、70以上の国と地域から3,000チーム(ミドルスクール部門は800チーム)が出場します。「VEX Robotics World Championship」の大会スポンサーには、Google、NASA、Tesla、Mathworks、T-Mobileといった名だたるIT企業が名を連ねています。

昭和女子大学附属昭和小学校 https://es.swu.ac.jp/