GOD考案、SIZUKUデザインの都市伝説キャラクター 火星人の赤ちゃん「いじけむし」の知られざる誕生秘話とは

本日、6月4日は虫の日です。

虫の日又はムシの日は日本の記念日である。6(ム)」と「4(シ)」の語呂合わせから。「虫の日」の名附け親は、日本昆虫クラブ(初代会長: 手塚治虫)であり、「ムシの日」の名附け親は、日本ペストコントロール協会である。元々、福島県にある「カブトムシ自然王国」が提唱したとされる。
引用元:ニコニコ大百科(仮)

世間では虫と言えばカブトムシやホタル、トンボなどを思い浮かべると思いますが、むしはむしでも、もっとキュートなむしがいます。それは「いじけむし」。もともと「いじける」ことを無視するという意味でGODが考案した火星人の赤ちゃんキャラクター「いじけむし」は、いじめっ子にいじめられて、いじけている子供達に、いじける事を無視して頑張れという思いから、いじめられっ子を応援するために火星からやってきた火星人の赤ちゃんでした。

いじけむし
いじけむし

その後、テレビ朝日の人気番組「銭形金太郎」の中でGOD貧乏としてKAZUKI &SIZUKUが歌う「いじけむしのうた~アメ・ウメ・マンマー~」が放送されて有名になったキャラクターですが、名前がネガティブという事で、元々ワールドワイドな展開を目指していたGODは友人でハリウッド映画「ゴーストバスターズ」の主題歌を歌った世界的な歌手「レイ・パーカーJr.」にキャラクターの名前を相談したところ、火星は「Mars」、赤ちゃんは「Baby」合わせて「Mars Baby」というアイディアを貰った。言い換えればこのキャラクターの名付け親はレイ・パーカーJr.とも言える。

テレビ朝日「銭形金太郎」の一コマ
テレビ朝日「銭形金太郎」の一コマ
SIZUKU、レイ・パーカーJr.
SIZUKU、レイ・パーカーJr.

近年ではロスのジャパンエキスポ30周年のメインキャラクターになったり、千葉テレビで放送されたドラマ「原宿ニャンニャン探偵局」、日韓合作動物愛護映画「神様がくれたLUKA」(2021年公開予定)のメインキャラクターとしてMars Babyは登場した。まだ情報は解禁出来ないがGODの次の仕掛けは、世界で有名なコミック界の大御所とコラボする話が出ている。しかしGODの話がお得意の都市伝説で終わらない事を祈るばかりです。「いじけむし」と名乗っている頃に作られた歌「いじけむしのうた~アメ・ウメ・マンマー~」各種音楽サイトで好評配信中!

「原宿ニャンニャン探偵局」の一コマ オスマンサンコンとGOD
「原宿ニャンニャン探偵局」の一コマ オスマンサンコンとGOD
「神様がくれたLUKA」釜山ロケの一コマ GOD、SIZUKUと撮影スタッフ
「神様がくれたLUKA」釜山ロケの一コマ GOD、SIZUKUと撮影スタッフ



そして伝説となっている「いじけむしのうた~アメ・ウメ・マンマー~」のPVがあります。

テレビ東京系全国7局ネット講談社系テレビアニ「サイボーグクロちゃん」内で放送されたTVCMにはいじけむしの他、GOD、SIZUKU、氏神一番が出演し、こちらも都市伝説となっています。