ちょっとヨットビーチマリーナ江ノ島にてプライベートクルーズの無料乗船体験を実施中!

biid株式会社(以下、ビード。本社:神奈川県藤沢市 Web : https://biid.jp/ 、代表取締役:松尾 省三)が運営しているちょっとヨットビーチマリーナにて(以下、ちょっとヨット Web : https://www.chotto-yacht.com/ )、国土交通省観光庁が公募している、交通・観光連携型事業(地域一体となった観光地・観光産業の再生・高付加価値化 Web : https://kankosaisei-kotsu.net/)に採択されました。2023年8月から12月末まで、神奈川県藤沢市の江ノ島周辺にて新たなクルージングプランを策定し、サービスインを行うと同時に告知していくための社会実験のイベントを行っています。

新たなクルージングプランの背景

観光地として有名な湘南・江ノ島における海上交通やクルージングが実施されていないということが地域課題としてあったため、江ノ島周辺での舟運をいかし、観光客をターゲットにインバウンドのプライベートクルーズ需要を見込み、新たに平日の組数限定でプライベートクルーズの無料乗船体験を開始しました。

交通・観光連携型事業とは

地域一体となった観光地・観光産業の再生・高付加価値化

旧来型の日本の観光産業の課題と観光ニーズ多様性を踏まえて、日本の観光地・観光産業は、ポストコロナを見据えた「高付加価値で持続可能な観光地域づくり」の実現が求められています。

交通・観光連携型事業(地域一体となった観光地・観光産業の再生・高付加価値化)の目指す姿
交通・観光連携型事業(地域一体となった観光地・観光産業の再生・高付加価値化)の目指す姿

本事業は、交通事業者が軸となって地域の観光関係者と連携しながら、観光地への誘客・地域内の周遊性の向上・観光地としてのブランド力の強化に資する地域一体となった取組を支援するものです。

ビードの事業目的

江ノ島にヨットハーバーは存在するものの、観光客が海上観光を楽しむ体制がほとんどないという問題があります。海上観光を盛り上げることができれば、環境自然を生かすことができ、かつ今までにはない新たな観光手段を開発することができます。それらを達成することを目的に、観光エリアを海上でつなぐ周遊を構造・実施したデイクルーズに加え、頃日の閑散時期を有効活用し、国内外の富裕層やインバウンド観光客をターゲットとしたチャーター形式のプランを構成し実証することで、新しい体験機会を創出するとともに海上交通・遊覧の活性化を図ります。

計画概要

平日の組数限定で、江ノ島沖のプライベートクルージング無料乗船体験の実施

片瀬東浜を出発して「通常では味わえない、海からの江ノ島や富士山の景観を楽しむ」をテーマにしたクルージングプランです。国内外の富裕層やインバウンド観光客をターゲットにした、プライベートクルーズは特別感のあるクルージングプランとなっており、今までにない新たな江ノ島観光の楽しみ方や非日常体験をお楽しみいただけます。クルージングの後は、ちょっとヨット内にある「カフェ&バー ヘミングウェイ江ノ島本店」でもお食事もおすすめです。

実際に体験したお客様の声

ちょっとヨットのプライベートクルーズの無料体験をしたお客様からは「最高でした」や「ぽかぽか暖かいし、海風も気持ちいいし、波に揺られながらついついお昼寝したくなっちゃうくらいのリラックス効果、海から江ノ島を楽しんだ後は、景色のいいカフェでしらすたっぷりのパスタランチもできたし、大満足」「江ノ島…懐かしい…」といったコメントをいただきました。
こちらのプライベートクルーズの無料体験は12月いっぱい開催中!冬の澄んだ空気の中で見る江ノ島や富士山はとてもきれいです。このお得な機会にぜひ体験してみてはいかがですか?

プロモーションの実施

昨今では、2021年に総務省が発表した「令和2年通信利用動向調査(Web: https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/data/210618_1.pdf )」全世代でのSNS利用率が70%となっており、SNSを利用していない人の方が少ないという状況なので、SNS運用は非常に重要と考えられます。
そこで「江ノ島沖のプライベートクルーズ無料乗船体験イベント」を一般客のお客様、インフルエンサーに向けて、無料イベントとして期間中複数回にわたり実施しています。集客と広告配信を行い、知名度アップならびに集客の土台作りを行います。乗船いただいた一般のお客様や、インフルエンサーにはInstagram等のSNSで、サービスタグを付けた投稿を依頼し、リーチ数を増やすことを検証指標とします。リーチ数を増加させることで認知度が上がり、今回の事業後も継続して海上観光を目的としたサービス提供ができる形へとして参ります。

本事業後の計画

新たなクルージングプランを事業終了後も高価格高付加価値サービスとして運用していけるよう目指していき、会場観光を盛り上げ、環境資源を生かすことができ、かつ今までにはない新たな観光手段を開発し、今までにない体験機会を創出するとともに海上交通・遊覧の活性化を目指します。

会社概要

会社名 :biid株式会社
代表者名:代表取締役 松尾 省三
所在地 :〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-4
電話番号:050-2018-0924
HP   :https://biid.jp/