■オンラインシンポジウムのご案内■ 「次世代型女性ジュニアアスリートのスポーツ傷害予防に向けて」

中学・高校年代の女性アスリートを取り巻く環境とは

立命館大学は、中学・高校生年代の女性アスリートのパフォーマンス向上とスポーツ傷害予防について考えるシンポジウム、「次世代型女性ジュニアアスリートのスポーツ傷害予防に向けて」を、2月12日にオンラインで開催いたします。

女性アスリート(とりわけジュニア)において、正しい医学的知識を得るチャンスはそれほど多くはありません。日本は海外に比べ女性アスリートに対する効果的な育成や支援のあり方についても、まだ研究・開発の途上にあります。
現在、スポーツ庁では、女性アスリートの活躍に向けた支援や、ジュニア層を含む女性アスリートが健康でハイパフォーマンススポーツを継続できる環境を整備するため、「女性アスリートの育成・支援プロジェクト」(※)を進めており、本学も参画しています。

本シンポジウムでは、ジュニア期にあたる中学・高校生年代の女性アスリートのスポーツ傷害予防やコンディショニング方法の知見を発信します。女性特有の問題に関して産婦人科医による講演やスポーツ傷害の予防的観点から理学療法士による事例紹介、パネルディスカッションを通して、ジュニア層を含む女性アスリートが健康で充実した競技生活を送るきっかけになれば幸いです。

日  時 : 2022年2月12日(土) 14:00~16:00(13:30ログイン開始)
開催形式 : Zoomウェビナー
登壇者 : 能瀬 さやか(東京大学医学部附属病院 女性診療科・産科 産婦人科医)
江玉 睦明(新潟医療福祉大学 理学療法学科 教授)
栗原 俊之(立命館大学総合科学技術研究機構 准教授) ほか
対  象 : スポーツ傷害予防やコンディショニングに関心のある方をはじめ、どなたでもご参加いただけます。
参加費 : 無料(事前参加登録制・定員1,000名)
申込方法 : 以下のURLからお申し込みください。
http://www.ritsumei.ac.jp/shs/news/article.html/?id=612

オンラインシンポジウム タイムスケジュール

14:00~14:05 開会挨拶・講演者紹介 
上田 憲嗣(立命館大学 スポーツ健康科学部 准教授)

14:05~14:45 特別講演 「女性ジュニアアスリートのコンディショニングと傷害予防」
能瀬 さやか(東京大学医学部附属病院 女性診療科・産科 産婦人科医)

14:45~15:10 先進事例紹介 「女性アスリートのスポーツ傷害の特徴と予防に向けた取り組み」
江玉 睦明(新潟医療福祉大学 理学療法学科 教授)

15:10~15:25 本事業紹介 「女性ジュニアアスリートに向けたトレーニングサポートの取り組み」
栗原 俊之(立命館大学 総合科学技術研究機構 准教授)

15:25~15:55 パネルディスカッション 「女性ジュニアアスリートのスポーツ傷害予防に向けて」
●登壇者
能瀬 さやか
江玉 睦明
栗原 俊之
寺田 昌史(立命館大学 スポーツ健康科学部 講師
●モデレーター
伊坂 忠夫(立命館大学 スポーツ健康科学部 教授)

15:55~16:00 閉会挨拶
伊坂 忠夫

(※)スポーツ庁委託事業「女性アスリートの育成・支援プロジェクト」について
スポーツ庁が、スポーツ基本計画に基づき、女性アスリートの国際競技力向上に向けた支援や、ジュニア層を含む女性アスリートが健康でハイパフォーマンススポーツを継続できる環境を整備することを目的に、女性アスリートの育成・支援のために実施する事業。令和3年度において、本学のプロジェクトが「女性アスリート支援プログラム」に選定されました(継続)。
【HPリンク】https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/boshu/detail/jsa_00061.html