日焼け後のお肌のダメージに『ピュアバリア〔保湿〕×ユビキノール〔栄養補給〕』

「日焼け=皮膚からのメッセージ」お肌からの警告により早く対応

ピュアバリア〔保湿〕
ピュアバリア〔保湿〕
ユビキノール〔栄養補給〕
ユビキノール〔栄養補給〕

紫外線から受けるお肌へのダメージ

太陽の光は、私たちの骨を丈夫にするビタミンDを生成する力や気持ちを明るくしてくれる不思議な力を持っています

しかしながら、お肌にとっては危険性もあります
私たちが浴びている紫外線は300nm以上と言われていますが、オゾン層の破壊の進行により以前よりも紫外線による危険度は増してきているとも言われています

地域によっても紫外線量は違ってきます
一般的に紫外線量は緯度が低いほど多く、標高が高いほど多いと言われています

日本では5~7月に多く、1日では11~14時が多いと言われています

反射光による紫外線量にも注意です
 ◇芝生:約1.2%増加
 ◇コンクリート:約5.5%増加
 ◇水面:約5~20%増加
 ◇砂:約7~17%増加
 ◇雪面:約85~88%増加
また、曇りや雨の天候であったりガラス越しでもUVAは降り注いでいるため、しっかり日焼け対策をしておく必要があります

具体的に私たちのお肌にどんなダメージを与えるのか?
 ◇特異的なDNAの障害が生じる
 ◇角化細胞から様々なサイトカイン産生→接触アレルギー発現が抑制される
 ◇ランゲルハンス細胞の腫瘍免疫を抑制してします
 ◇活性酸素が過剰に産生されてしまう(老化の促進)

そのため、「日焼け=皮膚からのメッセージ」お肌からの警告ともとれますので、日焼けの予防と日焼け後の早期ケアが大切です

紫外線からお肌を守る

紫外線からお肌を守るためには、まずは日焼けしないように日焼け止めクリームやUVカットのついた衣類、帽子、日傘、サングラスなど・・・様々な対策グッズを活用しましょう♪

対策をしていても長時間外にいることで、お肌が赤くなってしまったり100%防ぐことは困難です

そこで、早めに「アフターケア」を行うことでお肌のターンオーバーを回復させましょう

外からのケアだけでなく、身体全体のコンディションを回復させるために定期的な水分補給とバランスの摂れた栄養も心がけましょう♪

日焼け後のお肌をピュアバリアでケア

日焼けしているとお肌の発赤や火照りなどがみられます

まずは冷やすことが大切です

その後にスキンケアとして「保湿」が挙げられます

保湿の中でもビタミンA,C,E,βカロテンなどの入ったジェルが推奨されています

~日焼け後のピュアバリア~
①アミノ酸系セラミド類似物質(バリア機能向上・水分保持作用・角質柔軟化作用)
②ビタミンE(抗酸化作用・皮膚を柔らかくする・血色がよくなる)
 ※表記ではトコフェロール
③混合植物エキス(保湿作用・抗酸化作用・炎症抑制作用)
上記3つの成分が配合されており、紫外線と活性酸素によって損傷されたお肌のケアに最適です

ピュアバリア
ピュアバリア
before after
before after
混合植物エキス
混合植物エキス

飲む細胞ケアで【抗酸化】×【エネルギー代謝亢進】

日焼け後は、できるだけ早くビタミンなどを補うことでお肌を修復する上でとても大切なことです

シミの改善などでビタミンを経口摂取することは一般的に周知されているかと思います

経口摂取したビタミンがお肌に行き届くのは他の臓器に補給したあとになりますので早めの摂取がオススメです

今回ご紹介のユビキノールは還元型コエンザイムQ10でビタミンとは異なります

コエンザイムQ10はビタミンCやビタミンEのリサイクル効果として持続される補酵素です

コエンザイムQ10は疲労回復や代謝のアップとして認知されていますが、日焼け後のアフターケアとしてビタミンと併用するとより効果的です

還元型コエンザイムQ10(200㎎)
還元型コエンザイムQ10(200㎎)
ユビキノールの2大機能
ユビキノールの2大機能
ユビキノールの栄養素
ユビキノールの栄養素

ピュアバリアおよびユビキノールのその他の使用については下記リンクよりご覧ください

上田由紀子(2005).「スポーツと皮膚」アスリートの皮膚トラブルの対策とスキンケア 株式会社文光堂