GSアライアンスが100%天然バイオマス生分解性組成の PLA系コーティング材料を開発

GSアライアンス株式会社(所在地:兵庫県川西市、代表取締役 森 良平 博士(工学))は、100%天然バイオマス生分解性組成のPLA系のコーティング材料を開発しました。

PLA系の100%天然バイオマス生分解性樹脂コーティング材料
PLA系の100%天然バイオマス生分解性樹脂コーティング材料

人口爆発に伴う地球温暖化、資源枯渇、プラスチック汚染問題などの地球環境破壊は深刻になりつつあり、生態系を破壊する壊滅的なレベルになりつつあります。最近は、海洋のマイクロプラスチックのみならず、それよりもっと小さいサイズのナノプラスチックなどは、既に人体に入っている報告もあります。プラスチック汚染問題を緩和する1つの手段として生分解性プラスチックがありますが、ポリ乳酸(PLA : Poly Lactic Acid)が代表的な生分解性プラスチックと言われています。

PLAは生産量も増えてきている代表的な生分解性プラスチックではありますが、熱可塑性樹脂としてプラスチックとして使用されており、塗布して使用するコーティング材料、塗料として使用することは困難とされてきました。PLAが溶解する溶剤も存在はしますが、人体への影響が懸念されるような毒性の少しあるような溶剤を使用することになります。

この度、GSアライアンスは合成方法を調整したPLAを用いて、比較的環境に負荷の少ない、かつ天然由来の溶剤、添加剤を用いて、100%天然バイオマス生分解性組成のPLA系コーティング材料を開発しました。PLAをベースとして塗布できるようなコーティング材料としては、かなり珍しい材料です。色材を用いてPLA系の色材インク、塗料なども検討でき、今後、国内外にサンプル提案していく予定です。

GSアライアンス株式会社は、脱炭素、カーボンニュートラル社会に向けた具体的な技術を提供することをビジョンとしており(本件を含めた石油由来化学製品を置き換えるための天然バイオマス系化学製品群、次世代型二次電池、燃料電池、太陽電池、人工光合成や量子ドット、金属有機構造体などの最先端材料)、UNIDOのプラットフォームであるSTePPやWIPO GREENなどの国連関連機関に登録されている技術もあります。またGSアライアンスは2020年、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成を目指すスタートアップ企業として採択されました。引き続き、世の中の石油由来の化学製品を天然バイオマス由来に置き換える努力を続けていきます。

会社概要

商号   : GSアライアンス株式会社(冨士色素株式会社グループ)
代表者  : 代表取締役 森 良平 博士(工学)
本社所在地: 〒666-0015 兵庫県川西市小花2-22-11
事業内容 : 脱炭素、カーボンニュートラルの課題に取り組む環境、
       エネルギー分野の最先端技術の研究開発
       (国連のスタートアップ企業支援プログラム
       UNOPS GIC KOBEに2020年に採択)
URL    : https://www.gsalliance.co.jp/