トップ農業者求ム!!農業経営者向けMBAミニプログラム「鋭農経営塾」が開講

農業経営者向けMBAミニプログラム「鋭農経営塾」が開講!受講生募集中!!

株式会社マイファーム(京都府京都市、代表取締役 西辻 一真、以下「マイファーム」)は、これからの日本農業を担う農業経営者および幹部候補を対象に、新しい農業経営プログラム「鋭農経営塾」を開講します。本プログラムは、厚生労働省教育訓練プログラム開発事業の一環として実施します。

鋭農経営塾とは

これまでの「営農」に満足することなく、現状に対する危機感を抱き、目指すべき将来像を見据えている...
そうした経営陣の同志が集まり学ぶ場をイメージし、「鋭農」経営塾と銘打って、気鋭の農業者を募集します。これから10年、20年、さらにその先を生きていくために、自社の農業経営をもう一度見直してみませんか?

開講する講座は、講師からの一方通行の講義ではなく、参加者全員が課題や経験を持ち寄り、様々な視点からこれからの形を創造していく「実践型/ 課題解決型講義」を目指しています。
農業経営における組織マネジメント(経営戦略・人材活用・労務・管理会計)、データマネジメント・ICT / IoT、生産工程管理などの知識を深めるほか、先行者の成功・失敗を含めた経営ノウハウを習得するため、自身の経営課題と密接に関わるテーマを題材に、「リアル」ケーススタディを紹介。
様々な場面で活用できる考え方のヒントを身につけます。

このプログラムは「働きながら学ぶ」をテーマとして、就農後も農業経営を学べる場所をつくるために、厚生労働省の委託を受けて実践的な教育訓練プログラムの開発に取り組むもので、実証プログラムとしては今期限りの限定公開となります。

開催概要

募集対象者 農業経営者・経営幹部スタッフなど経営に直接的に関わっている方

定員  約20名

受講料    無料(講義会場・視察研修会場への交通費、オンライン講義時の通信料などは自己負担)

実施期間   2020年7月4日(土) -2021年2月20日(土) 期間中 全24回開催

開催場所  オンラインまたは東京会場
      ※新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、情勢の終息まで、 東京会場開催をオンライン開催に変更します。

【受講方法についてのお知らせ】 2020.5.20追記
昨今のコロナウイルス感染症の影響、また新しい行動様式が求められる中で、受講者の安全に配慮して、9月以降を目途として予定していた東京会場の講座を、オンラインに変更して開催することにいたします。
※基本全ての講義がオンラインとなりますが、特別演習の事例視察、等、野外での研修等が発生する場合は視察先への訪問を予定しています(11月頃)。
※オンライン講義は、テレビ会議(Zoom)および双方向のコミュニケーションをサポートするサービスを導入します。講義内容についても、オンラインでも学びの目標が達成するように講義設計に工夫します。
※鋭農経営塾メンバー同士のコミュニティ醸成を事務局では重視しており、オンライン上での交流、また感染症終息後は、ご希望に応じて懇親会等、直接会う機会の設定も検討しています。

応募方法   所定の応募申込書に必要事項をご記入の上、以下の応募窓口までご送付下さい。
   応募後、事務局にて選考を行わせていただきます。

   MAIL:agri-mba@myfarm.co.jp| FAX: 075-746-6214

応募受付期間 2020年5月1日(金) -2020年5月29日(金)

結果通知予定 2020年6月5日(金)までに順次ご連絡致します。

お申し込みページはこちら


株式会社マイファーム ( https://myfarm.co.jp/ )
本社所在地:〒600-8216 京都市下京区東塩小路町607番地 辰巳ビル1階
代表者  :代表取締役 西辻 一真
設立日  :2007年9月26日
資本金  :3億2,200万円(資本準備金2億8,950万円)
事業内容 :耕作放棄地の再生及び収益化事業/体験農園事業(貸し農園、情報誌の発行)/農業教育事業(社会人向け新規就農学校、農業経営塾)/農産物生産事業および企業参入サポート/流通販売事業(農産物の中間流通・通信販売)