順天堂大学とJICAが連携協定を締結

-保健医療分野における連携協力を強化-

左から国際協力機構(JICA)の北岡伸一理事長、学校法人順天堂の小川秀興理事長
左から国際協力機構(JICA)の北岡伸一理事長、学校法人順天堂の小川秀興理事長

学校法人順天堂(理事長:小川秀興)と国際協力機構(JICA、理事長:北岡伸一)は、2020年11月20日、保健医療分野の連携協定を締結しました。締結式は東京のJICA本部にて執り行われました。

 今回の協定は、途上国における保健医療分野の支援を強化するため、より包括的な連携を目指すものです。SDGs(持続可能な開発目標)ゴール3に貢献します。

 本学とJICAはこれまで、タイにおける高齢化対策や非感染性疾患対策に関するJICA海外協力隊派遣、及びタイ、ボリビアにおける保健セクターの事業で協力してきました。中でも、タイでの皮膚・アレルギー学・形成外科学の分野における人材育成は、40年以上に亘ります。本学及びJICAの支援により、タイ皮膚病学研究所(バンコク)で開始した研修(ディプロマコース)は国際的に認知され、1,000人を超える同研修の卒業生が、タイ国内だけでなく、タイ以外の国でも活躍しています。

 さらに、今回の連携協定の締結を通じ、ミャンマーにおいて、地球規模課題対応国際科学技術協力(SATREPS)の枠組みを活用し、薬剤耐性菌に関する国際共同研究を推進する予定です。また、本学では、医学のほか、看護、放射線、リハビリテーション等の保健医療分野での留学生の受け入れを通じ、長期的な視点に立った途上国の人材育成を強化させていく予定です。保健医療分野の国際協力事業が、より長期的かつ戦略的な視野で実施されることが期待されます。