【NEW RELEASE!】Atmoph Window 2で「京都西陣の路地」の風景を追加

世界とつながる窓Atmoph Window 2に、「京都西陣の路地」の風景が追加されました。今回の風景は、ユーザーからの「日本国内の、何気ない日常風景が見たい」というリクエストから実現しました。

撮影は、Atmophのオフィスがある京都市内で行われました。上京区から北区にまたがるこの地域は、京都有数の伝統産業・西陣織の生産が今も盛んに営まれ、職人の街としても知られています。昔ながらの町屋が並ぶ風情ある通りから、京都らしい心落ち着く景色をお楽しみください。

追加された風景

今回追加した風景は、京都西陣の路地をはじめとした6本で、日本の情緒ある街並みに加え、有名な観光地でもあるアンダルシアからの眺めもリリースしました。

・京都西陣の路地 2(京都)
・ウィペウアウト・ビーチ 1(カリフォルニア)
・ノヴィ・ベオグラードのバス停(ベオグラード)
・夜久野の朝 1(京都)
・京都西陣の路地 1(京都)
・エル・チョロ(アンダルシア)

Atmoph Window 2について

Atmoph Window 2は、Atmophが独自で4K/6K撮影した1,200種類以上の風景映像とリアルなサウンドで、お部屋に開放感と癒しの時間をもたらします。2019年にクラウドファンディングサイトIndiegogoとMakuakeで発表した際は、総額で1億円の支援を受けました。

世界各国で自宅でのテレワークが主流になっている中、旅行に行っている気分で仕事ができると日本や海外のお客様に大変好評を得ています。また、家族で過ごすおうち時間が増えている今、窓の風景を見ながら旅行の計画を立てたり、昔の思い出を語ったりと団らんのきっかけにもなっています。