EDAC 有田ドローン普及協議会主催 令和3年度 社会変革と物流脱炭素化を同時実現する先進技術 導入促進事業「過疎地域における無人航空機を活用した物流実用化事業」にHec-Eyeを提供し参加

一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(所在地:東京都千代田区、理事長:稲田 悠樹、以下 EDAC[イーダック])は、有田ドローン普及協議会が採択を受けた、環境省(国交省連携)『令和3年度 社会変革と物流脱炭素化を同時実現する先進技術 導入促進事業「過疎地域における無人航空機を活用した物流実用化事業」』に、2022年3月3日・4日にリアルタイムで位置情報と映像が確認できるシステム「Hec-Eye」を提供し「国産ドローン」と連携します。

有田ドローン普及協議会では、来るべき人口減少社会や有田郡市の過 疎対策として、ドローンを活用し地方創生や新たな雇用確保などを目指して活動をしてきております。

日程:2022年3月3日・4日
場所:浜のうたせから地ノ島・ヤビツビレッジ・有田ブルーキャンプ場
内容:ドローンを使用した観光地への飲食物や救難物資の物流実証実験

今後もEDACでは地域課題解決に沿った実証実験に参加してまいります。

【お問い合わせ先】

■EDAC事務局
担当 :EDAC事務局
電話 : 03-5413-7398
メール: info@edac.jp

【リモート情報共有システム「Hec-Eye(ヘックアイ)」について】

「Hec-Eye」はリアルグローブが、EDAC監修のもと開発した、ドローン等からの取得情報を地図上に集約し共有するプラットフォームで、総務省の「平成27年度補正予算IoTサービス創出支援事業」の採択案件を通じて構築されたリファレンスモデル(成果物)を核として開発されたサービスです。救急医療・災害対応分野での活動支援や業務効率化を目的として開発され、現在は鳥獣害対策や観光分野等も含めたより広い分野で活用されています。


↓↓↓Hec-Eyeに関する詳しい紹介記事はコチラ↓↓↓
https://smartiot-forum.jp/iot-val-team/iot-case/case-realglobe

「Best of Japan Drone Award 2019」では、ソフトウェア部門の最優秀賞に選出されました。

《Hec-Eyeに関するお問い合わせ》
Hec-Eyeに関するご相談や導入、代理店販売、セミナー依頼等に関するお問合せは、以下の窓口までお願いいたします。
株式会社リアルグローブ Hec-Eye問合窓口

■電話 :03-6380-9372
■メール:pr@realglobe.jp

【EDACについて】

団体名     :一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等
         自動支援システム活用推進協議会(通称:EDAC)
所在地     :〒101-0061
         東京都千代田区神田三崎町2-20-4 八木ビル201号 EDAC窓口
代表者     :稲田 悠樹
URL       :https://www.edac.jp/