城 南海が【FUJI ROCK FESTIVAL’23】に出演!最新曲「柔らかな檻」をフェスならではのロック編成で披露!

7月29日(土)新潟県湯沢町で開催されたFUJI ROCK FESTIVAL’23のGYPSY AVALON STAGEに城 南海が出演し、最新作「柔らかな檻」、奄美大島のシマ唄など10曲をバンド演奏で披露した。

城にとって、今回のFUJI ROCKはレーベル移籍後初のミュージックフェスティバルへの参戦だった。今月19日から配信されている新作「柔らかな檻」の涼しげなサウンドに乗る歌詞はこれまでの城 南海には見られない内面を深く描いた作品となる。ピアノ、バイオリン、パーカッションという、フジロック限定のスペシャルな編成で「柔らかな檻」を披露した。

また、故郷奄美大島の民謡シマ唄も4曲披露し、集まった観客たちと歌って踊る、城ならではのフジロックでのステージとな理、各地で猛暑が続く中、AVALONステージには城 南海の涼やかな歌声と南国ムードが漂っていた。

自身二度目のFUJI ROCKを果たした城は「憧れのフジロックのステージに再び立たせて頂き、感謝の気持ちで一杯です。夕暮れの美しい空間で、素晴らしいサポートメンバーと心地よく奏でさせて頂きました。故郷奄美大島の民謡“シマ唄“ではみなさんと歌い踊り、最高に楽しかったです!お越し下さった皆様、関係者の皆様、本当にありがっさまりょーた!(ありがとうございました!)またお会いしましょう♪」とコメント。

8月と9月に自主企画のツーマンライブ「Duo で Duoアシビ」を開催。9月には移籍後2作目の配信リリースを予定している。

【リリース情報】
2020年7月19日配信リリース
『柔らかな檻』作詞:山田ひろし 作曲:松本俊明 編曲:松岡モトキ・きなみうみ

■各音楽配信サービスはこちら
https://kizuki-minami.lnk.to/yawarakana_ori

【ライブ出演】
8月11日(金・祝)
「城 南海×大石昌良 duoでduoアシビ 〜山の日〜」渋谷Duo Music Exchange#2(ゲスト・大石昌良)
9月30日(土)
「城 南海duoでduoアシビ 〜十六夜〜」渋谷Duo Music Exchange#3(ゲスト・笹川美和)


AIが記事を作成しています