BBT、「新型コロナウイルス経済対策講義(海外投資編)」の無償提供決定、本日配信開始

シンガポールを中心としたアジアの投資動向に関する最新情報を提供

あらゆる年齢層に対し生涯に渡るリカレント教育を提供する株式会社ビジネス・ブレークスルー(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:柴田巌、以下BBT)は、本日9月17日(木)に配信する海外投資の専門家による『新型コロナウイルス経済対策講義(海外投資編)』の無償提供を決定し、申込みを受け付けます。お申込みいただくと、新型コロナウイルスに関するバックナンバーの経済講義も併せてご覧いただけます。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により今後の経済への影響などが懸念される中、「株式・資産形成実践講座」が提供する『海外投資入門』の講師で、個人投資家向けセミナーや書籍発行・海外移住のアドバイス等を行う株式会社S&S Investments代表取締役 岡村聡(おかむら さとし)氏による、コロナ禍における注目産業や海外投資動向をテーマとした緊急講義の映像を収録しました。BBTは、「株式・資産形成実践講座」の受講生のみならず、多くの方に新型コロナウイルスが経済に及ぼす影響を学ぶことでコロナ禍での資産形成の実践に役立てて頂きたいと考え、自社のオンライン学習プラットフォーム「AirCampus®」を通じて本講義を無償配信する運びとなりました。


【9月17日配信緊急映像:『新型コロナウイルス経済危機対策講座(海外投資編)』 詳細】
内容:シンガポールからみた世界経済情勢展望/コロナ危機といわれている中の有望な投資先/世界の魅力産業最新情報/シンガポール投資家の注目トピックス

担当講師 岡村 聡(おかむら さとし)
株式会社S&S Investments代表取締役

1972年早稲田大学政経学部卒業後三菱商事入社。主に非鉄金属、貴金属分野に従事。アルミ地金、航空 機材料、建築材料、鉛亜鉛錫地金、貴金属取引を行い、日本で最初の『商品ファンド』の設定に携わり、また、プラチナでは世界最大手のトレーダーだった。南アの鉱山に何度も訪問している。三菱商事退社後商品先物取引会社2社役員、株式会社フィスコ コモディティーを経て、株式会社コモディティーインテリジェンス設立。代表取締役社長就任。日経CNBCテレビ・ラジオ日経・コモディティーオンラインTV出演。



本講義では、シンガポールを中心とした投資先情報に加え、世界の魅力産業の最新情報を学ぶことができます。

なお、講義は完全オンラインで受講ができ、講義配信後はオンデマンドでお好きな時間にご覧頂けます。

【お申込みURL】 ※視聴期間:9月17日~10月31日 https://www.bbt757.com/svlShop/cart.do?code=d619e6da0ec7067b3d829cee1e2c9cb8e48a389eb508023181fdd50dc1626e39

【過去配信のバックナンバー映像もご覧いただけます】
■バックナンバーvol.1 内容 新型コロナウイルスが与える世界経済へのインパクト/各国の緊急経済対策を見る/中央銀行の金融政策に限界?/ブラックスワン現象/リーマンショックとの比較・分析/資産運用の今次危機対応と成功のステップ
配信日 2020年3月18日

担当講師 田口 美一(たぐち よしいち)(※)
金融経済アナリスト元クレディ・スイス証券副会長

日本銀行で為替介入、金融市場オペ、窓口指導ほか金融機関考査など、中央銀行の様々な金融実務を経験後、東京海上日動グループに転籍。東京海上アセットマネジメント運用第二部長、東京海上日動・投資部次長で其々債券ポートフォリオの責任者を15年に亘り経験した後、クレディ・スイス証券でマネジング・ディレクター債券営業本部長及び副会長を歴任。2013年退社まで、都合32年間に亘り様々な金融実務のフロント部署を経験。


■バックナンバーvol.2 内容 大暴落する株式市場をどう捉えるか?/日銀の動きから見える現状/海外機関投資はどう見て、何を考えているか?/米国政府と企業動向/日本経済の今後/東京オリンピック延期による影響を読み解く
配信日 2020年3月24日

担当講師 宮島 秀直(みやじま ひでなお)
パルナッソス・インベストメント・ストラテジーズ株式会社代表取締役 兼 チーフストラテジスト

富士通株式会社、日本経済新聞社を経て、野村證券株式会社にて外国株式部マーケット・アナリスト、投資調査部日本株ストラテジストなどを歴任。その後コメルツ証券にて日本株チーフストラテジストを歴任後、投資戦略調査会社パルナッソス・インベストメント・ストラテジーズ株式会社を設立。2007年にはリーマン・ブラザーズ証券株式会社・株式調査部シニアヴァイスプレジデントチーフストラテジスト、2008年よりバークレイズ・キャピタル証券株式会社チーフストラテジストを経て現職復帰。


■バックナンバーvol.3 内容 世界経済の現状(先進国・新興国)/大恐慌時経済振り返り/リーマンショック後の対応/収束イメージと未経験ゾーン/過去経済危機との比較・分析/危機時の資産運用の要諦/循環or構造を判断するとは?
配信日 2020年5月19日

担当講師 田口 美一(たぐち よしいち) (※)参照


■バックナンバーvol.4 『新型コロナウイルス経済危機対策講座(ゴールド編)』 
内容:昨年から金価格はどう動いているか?/金価格と株価の関係/過去の経済危機時の金価格の動き/過去の経済危機時の動きから見る金価格の特徴/有事の際の金価格への影響とは?/2020年に金を買った人は誰か?/今後の金価格に影響する要因と今後の見通し
配信日:7月30日

担当講師 近藤 雅世(こんどう まさよ) 株式会社コモディティーインテリジェンス代表取締役社長

1972年早稲田大学政経学部卒業後三菱商事入社。主に非鉄金属、貴金属分野に従事。アルミ地金、航空 機材料、建築材料、鉛亜鉛錫地金、貴金属取引を行い、日本で最初の『商品ファンド』の設定に携わり、また、プラチナでは世界最大手のトレーダーだった。南アの鉱山に何度も訪問している。三菱商事退社後商品先物取引会社2社役員、株式会社フィスコ コモディティーを経て、株式会社コモディティーインテリジェンス設立。代表取締役社長就任。日経CNBCテレビ・ラジオ日経・コモディティーオンラインTV出演。


【株式・資産形成実践講座について】
2006年に世界的経営コンサルタントの大前研一により監修・開設。資産運用先進国の欧米で学ばれ続けている基礎知識から、結果を出せる実践スキルまでトータルに学ぶことができるプログラム。『株式・資産形成実践コース』『金融リアルタイムライブ』『不動産投資実践講座』『年代別で考える「2000万円問題」対策講座』の4つをはじめ、その他テーマ別のコースから選択することができる。開講以来の受講者数は延べ1万人以上。https://asset.ohmae.ac.jp/

【BBTについて】
グローバル環境で活躍できる人材の育成を目的として1998年に世界的経営コンサルタント大前研一により設立された教育会社。設立当初から革新的な遠隔教育システムによる双方向性を確保した質の高い教育の提供を目指し、多様な配信メディアを通じてマネジメント教育プログラムを提供。大学、大学院、起業家養成プログラム、ビジネス英語や経営者のための勉強会等多用な教育プログラムを運営するほか、法人研修の提供やTV番組の制作などあらゆる年齢層に対し生涯に渡る「リカレント教育」を提供する。在籍会員数約1万人、輩出人数はのべ約5万人以上。また、1,300社以上の企業に対して研修を提供。2013年10月のアオバジャパン・インターナショナルスクールへの経営参加を契機に、生涯の学習をサポートするプラットフォーム構築をグループ戦略の柱の1つとして明確に位置づけている。https://www.bbt757.com/