BIGデータや消費者データから AI 技術を用いて、瞬時に戦略のヒントを導くプラットフォーム: gfknewron 2.0

~ 新機能により、収益向上と市場シェア獲得をサポート ~

GfK Japan(東京:中野区)は、市場、ブランド、消費者の分析データを基に、AI技術を用いて将来を予測し、戦略のヒントを導くデジタルプラットフォーム「gfknewron」の最新バージョンを発表しました。

これまで、多くの企業では80%もの時間を大量の市場データの分析に費やしており、一方で、これらのデータに基づく重要な意思決定にかける時間はわずか20%でした。gfknewronは、この状況を覆す画期的なツールで、GfKのデータエキスパートにより継続的に検証されている信頼性の高いAI技術を用いており、顧客は世界27か国にわたり(今後増加予定)GfKが独自に保有している、耐久消費財の市場予測データに簡単にアクセスすることができます。大量に存在する不要なデータに悩まされることなく、将来起きるであろうことのシグナルを見つけ出すために、gfknewronは活用されています。

最新バージョンでは、数値指標に基づきマーケティング戦略を最適化することが可能な機能が備わっています。例えば、消費者が他社の商品ではなく、顧客の商品を選ぶためにどれくらいのプレミアムを支払っても良いと考えるのか、測定することができます。さらに、価格プロモーションを行った際にどれくらい売上に影響するのか、結果をシミュレーションできる機能も備わっています。また、AIを活用した今後13週の市場予測を週次更新で提供し、在庫の注文と配分といった重要な意思決定をサポートします。これにより、顧客は販売分析(人々が何を購入しているか)と同時に、今回追加された消費者インサイト(なぜ購入するのか)までを、すべて一つのプラットフォームにて分析することができます。

gfknewronの最新機能

gfknewron画面イメージ
gfknewron画面イメージ

AIを活用した市場予測:

重要な在庫の注文や配分を決定するために、今後13週の市場予測を週次で提供します。セールスマネージャーやキーアカウントマネージャーが直近の売上を最大化し、在庫の過不足を最小限に抑えられるように設計されています。

価格プレミアムから得る収益:

同等スペックの競合商品ではなく、顧客の商品に対して消費者が支払ってもよいと考えるプレミアムを測定します。顧客のブランドに対する消費者の認識、機能の差別化、実施するプロモーション、さらには保証条件に至るさまざまな要因に基づいています。収益の成長に向けて組織が戦略の決定・管理を行う上で役立ちます。

プライスプロモーションプランナー:

顧客のモデルに最適なプロモーション価格を特定し、顧客と競合他社どちらのモデルについても、その価格プロモーションが売上に及ぼす影響を算出できる、インタラクティブな機能です。利益を最大化し、競合からシェアを獲得するための価格プロモーションを計画する上で役立ちます。

ブランドおよびマーケティングインテリジェンス:

消費者の感情と認識を販売分析と同じプラットフォーム上で提供します。顧客のブランドが、買い物客の高いコンバージョンを獲得するために、競合の状況を把握し、そのカテゴリにおける購入のドライバーと最も重要なタッチポイントを発見するのに役立ちます。

グローバルサマリー:

グローバルにおける顧客の主要市場と製品グループのパフォーマンスを一覧できるサマリー機能です。幹部のメンバーが、各市場の現状把握や課題の発見を迅速に行うことができ、効率的なマネジメントをサポートします。


GfKのCEO(最高経営責任者)Peter Feld氏は次のように述べています。
「gfknewron2.0は、耐久消費財におけるコンサルティングとともに、AIを活用したインテリジェンスを皆様のお手元にお届けするプロバイダーを目指す弊社にとって一つのマイルストーンです。過去2年間、弊社はお客様と手を取り合い、お客様の成長を促進する革新的なプラットフォームの準備に取り組んでまいりました。世界的な混乱によって通常の市場パターンが崩壊した時期での発表となったため、弊社の大手クライアントは既にこのサービスを導入し、将来を予測し、持続可能な事業成長に向けて迅速な決定を下しています。」

また、gfknewronの製品担当責任者であるKriti Sharma氏は、次のように述べています。
「将来の市場トレンド予測から消費者の行動とニーズの把握まで、gfknewronはブランドにとって、とても頼りになるAIベースのパートナーとなり、重要な意思決定をお手伝いしています。根拠に基づきロジカルに予測を立てる信頼性の高いAIによって、毎週2万件ものレコメンデーションが発せられており、gfknewronは、価格戦略、競合の状況、消費者とのタッチポイントを考察する上で重要となる将来予測を可能にします。」

gfknewronの最新機能について、詳細は https://www.gfk.com/gfknewron (英語) をご覧ください。


本プレスリリースのURL

https://www.gfk.com/ja/press/2104gfknewron2

GfK Japan

所在地:東京都中野区
設立:1979年
http://www.gfk.com/jp/

GfKはドイツを本拠とし、85年の歴史をもつグローバルマーケティングリサーチ企業です。日本拠点であるGfK Japanは、家電・IT製品を中心に、ゴルフ、玩具、眼鏡・コンタクトレンズ、ミュージック、自動車など幅広い分野において小売店パネル調査(POSトラッキング)や消費者調査で信頼と実績を蓄積して来ました。市場のグローバル化が進む今、GfKのグループ力を活かし、日本のみならず世界の市場と消費者の最新動向を提供しています。