湯河原温泉の料理旅館三桝家は、春をたのしむ会席料理をお部屋食にてご提供しています。

「美肌の湯」として知る人ぞ知る、湯河原温泉の料理旅館「三桝家」(神奈川県足柄下郡湯河原町宮上261)は、春爛漫!板長が惜しみなく腕を振るった桜色に華やぐ繊細な味わいのお料理を、お部屋出しにておたのしみいただけます。

うららかな春を五感で楽しむためのお献立

三桝家の会席料理は、器の中に季節を調和させることがとても巧み。一見、正統派で素朴にすら見える料理だが、豊かな香りと繊細な表現力に器の中をしげしげと眺めてしまうことも。どの料理も素材の味をうまく誘い込み、強い味はつかわず、それでいて気取りのない滋味のあふれるやさしい味は、じんわりと体に溶けこんでいくよう。また、分厚い刺身が贅沢な船盛りや、名物の「金目鯛の煮つけ」は、小田原港から日ごとに仕入れる新鮮な魚介をふんだんに使っている。地元で生まれ育った板長の料理が、繊細なだけではなく活き活きとした力強さを併せ持つことを感じる。

お泊りのお部屋でお食事を

この時期、三桝家では、ゆっくりとお食事を召し上がっていただける「お部屋食」が基本プラン。ご希望によっては席と席の間をゆったりと確保したテーブル席の会席レストランや、小宴会場を個室利用してのご案内もできるので、予約時にお問合せを。(予約状況によっては、すべてのご要望に添いかねる場合があります)

tel:046-562-8111

ゆり根の花びらに
桜花(おうが)長芋
うずら玉子 桜染め
白魚玉地寄せの上にも桜のつぼみ…

さくら色に華やぐ繊細なお料理は
素材やお味はもちろんのこと、

その愛らしい彩りと
玉手箱を開くような器のみやびさ

凛とした静寂さに、
ひときわ映える板長の心づくしを
どうぞ桜を愛でるようにお楽しみくださいませ。

http://yugawara-mimasuya.jp/

※一例です。仕入れによっては、一部内容が変更となる場合がございます。
※一例です。仕入れによっては、一部内容が変更となる場合がございます。

【三桝家】
http://yugawara-mimasuya.jp/
1951年創立。本館・別館・新館の3棟の木造建築から成る。材木商であった創始者の、木に対するこだわりが息づいた‟木造りの宿”。客室、廊下、階段のほか、大浴場の浴槽には貴重な古代檜の埋もれ木が使われている。また、創始者の妻が東京府(当時)に届出された、初の正式な国際結婚を果たしたグーデンホフ・ミツコの姪にあたることから、館内に「ミツコ・ギャラリー」を設けている。また、モダンデザインと伝統美を究極までに融合させた、現代書道家のアートコレクションが多数展示されており、前衛アーティストから大御所まで、13人の書が館内随所で鑑賞できる。
2016年楽天アワード金賞受賞。

三桝家玄関
三桝家玄関

【会社概要】
会社名: 株式会社旅荘三桝家
代表者:代表取締役 谷崎憲一
設立:1951年
所在地:〒250-0315 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上261
TEL: 0465-62-8111
URL:http://yugawara-mimasuya.jp/