SSMRビジネス推進コンソーシアム、 「空間音響MR®」を活用した観光案内サービスの実証実験を 石川県白山市で開始

SSMRビジネス推進コンソーシアム(https://ssmr.jp、注1) のパートナーである一般社団法人 北前船交流拡大機構は、石川県白山市の地域活性化の推進を図ること目的に「空間音響MR®(Space Sound Mixed Reality、以下SSMR)」を活用したサービスを提供します。本サービスは、日本電気株式会社(以下 NEC)のSSMRのプラットフォームを活用し、石川県白山市鶴来地域にて2021年10月11日から実証実験を開始します。

 SSMRビジネス推進コンソーシアムでは、専用イヤホンから流れる音声と、スマートフォンを活用したAR映像を組み合わせることで、現実世界の風景とバーチャル空間を融合させた観光ガイドなど空間音響MR®サービス事業を推進しています。今回は、オリジナルキャラクターとともに鶴来地域に数多く存在する開運スポットを巡り、スポットごとに現れるヒントを集めながら「消えた名品」を探しゴールを目指すという謎解きと街歩きが融合したコンテンツとなっています。

 本サービスは利用者個々のスマートフォンの位置情報に基づいて音声ガイドが流れるため、集団での行動を避けながら観光名所を巡ることが可能となっており、New Normal時代の観光スタイルを実現します。また、デジタル技術の活用により地域の観光資源に新たな価値を加えることで、観光産業や地域経済の活性化に貢献します。

SSMR®は、仮想的なエリアの境界を作るジオフェンスを独自ノウハウに基づき設定し、利用者の詳細な位置情報や動きに基づいて音声コンテンツの起動タイミングを制御します。さらにAR映像を組み合わせることで、現実世界の風景とバーチャル空間が融合した新たな体験を実現します。

本事業の概要
■ コンテンツ名: 「白山市鶴来 開運招福まち巡り」
https://www.urara-hakusanbito.com/spot/detail_1578.html
■ 実施場所: 石川県白山市鶴来地域
■ 実証実験実施日:2021年10月11日~2021年11月23日


SSMRビジネス推進コンソーシアムは6社の幹事会社(注2)とともに2020年2月に設立され、SSMRを活用したサービス導入を進めています。今後も、SSMRを活用した多様なサービスを全国の観光名所などに展開し、地域の活性化に貢献します。
以上

(注1):地域活性化に貢献する「空間音響MRサービス事業促進のためコンソーシアム
を設立、第一弾として香川県「善通寺」でサービス実証を開始
https://jpn.nec.com/press/202002/20200204_01.html
(注2):日本電気株式会社、株式会社コアミックス、総合商研株式会社、一般社団法人日
本地域情報振興協会、株式会社フレッシュハーツ、有限会社ル・スポール


<本件に関するお問い合わせ先>
SSMRビジネス推進コンソーシアム
メールアドレス:info@ssmr.jp