Twitter企業コラボキャンペーンの成果最大化を実現

「echoes」がTwitter企業コラボキャンペーンを支援する「echoes Collabo」を提供開始

 ソーシャルテクノロジーによる生活者マーケティングの実現を支援するアライドアーキテクツ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役CEO 中村壮秀、証券コード:6081)は、当社の"生活者を味方にする" Twitterプロモーション統合管理ツール「echoes」において、Twitter企業公式アカウントのダブルフォロー&リツイートで参加するコラボキャンペーンをインスタントウィン形式で開催することで、コラボ成果をより高める新機能「echoes Collabo」の提供を開始しましたのでお知らせいたします。

新サービス提供開始の背景

 Twitterは、4,500万人以上もの月間アクティブ利用者数を誇る(※1)大規模なソーシャルメディアです。Facebookやその他SNSが今後クローズドなコミュニケーションの特徴を強めていくとされる中、Twitterは幅広い層にリーチ可能なメディアとして、今改めて企業のマーケティングにおける価値が高まっています。当社では、Twitter上にいる生活者を巻き込み、話題化するキャンペーンを手軽に実施できる仕組みを提供することで効果的な企業プロモーションができると考え、かねてよりechoesのサービスを通じてTwitterキャンペーンの成果最大化と運用負荷削減の支援を行ってまいりました。

 昨今、Twitter上で複数の企業がコラボレーションしてフォロー&リツイートの形式でキャンペーンを実施する事例が増加しています。 自社だけで実施するキャンペーンに比べ、より多くの生活者の注目を集められること、両社ともにキャンペーン参加者の幅を広げられること、またフォロワーに話題化してもらいやすいことから企業のTwitterコラボキャンペーンが広がっています。

※1 出典: Twitter Japan

echoesが新機能「echoes Collabo」の提供を開始

 echoes Collaboは、Twitter上で指定の2アカウントをフォロー(ダブルフォロー)後、対象となるキャンペーン用のツイートをリツイートすることで、その場で自動抽選し、当選・落選の自動返信(オートリプライ)および自動DM(ダイレクトメッセージ)を送るインスタントウィン形式のキャンペーンを開催することができます。

 従来のTwitter企業コラボキャンペーンは、1アカウントのみのリツイートで応募が完了し、終了後に抽選をして当選者を決定する形式で行われていたため、キャンペーン参加規模の拡大に課題がありました。また抽選、当選発表、DMによる当選者連絡など手動運用が多く必要なため、作業ミスの発生や、確認の手間など負担が大きくなっていました。

 echoes Collaboでは、インスタントウィン形式のダブルフォロー&リツイートキャンペーンをシステムにより自動化して提供するため、毎日参加型のキャンペーンを実施することで手軽にコラボキャンペーンの規模を拡大でき、キャンペーン運用の負荷低く、商品認知や話題化の成果を最大化することが可能です。

導入事例:沢の鶴×大阪王将 ~「echoes Collabo」を活用し、リツイート数従来比580%実現~

 沢の鶴株式会社(以下、沢の鶴社)は、食事がすすむ、クセのない飲みやすい味わいが特徴の純米酒「SHUSHU」のターゲットとなる20~30代への商品認知拡大と、「食事とあわせて楽しめるお酒」であることを訴求し、商品理解を促進したいという狙いで、Twitter上でのキャンペーンを検討していました。

 そこで沢の鶴社は、「食」をテーマにする他企業のTwitterアカウントとのコラボレーションを企画しました。その中で訴求したい飲用シーンの一つである「中華料理」をテーマにしたTwitterアカウント「大阪王将公式通販」が企画に賛同し、両社がコラボしてTwitterキャンペーンを実施する運びとなりました。

 2020年3月にechoes Collaboを活用してキャンペーンを実施した際には、「大阪王将公式通販」のフォロワーも「沢の鶴」のキャンペーンに参加したことで、1日あたりの平均リツイート数は、単独のキャンペーン(※)と比較して125%となり、商品認知のさらなる促進に成功しました。

※沢の鶴社が実施した、コラボキャンペーンではないインスタントウィン形式のキャンペーン

<今回のインスタントウィン形式・コラボキャンペーンの流れ>
<今回のインスタントウィン形式・コラボキャンペーンの流れ>

 また、沢の鶴社が、以前Twitter上で他社と(インスタントウィンを利用しない)コラボキャンペーンを実施した際の成果と比較すると、今回のechoes Collaboを活用したインスタントウィン形式のコラボキャンペーンの総リツイート数は580%、総インプレッション数は340%となり、従来の(インスタントウィンを利用しない)コラボキャンペーンよりも高い成果につながりました。

↓↓沢の鶴社と大阪王将が実施したTwitterキャンペーンの詳細はこちら↓↓

 「echoes」では、今後も企業コラボレーション支援機能の開発・拡充を通じて、企業プロモーションの成果向上と運用負荷削減に貢献してまいります

<アライドアーキテクツ株式会社 会社概要>

・代表者 : 代表取締役CEO 中村壮秀
・所在地 : 東京都渋谷区恵比寿一丁目19-15 ウノサワ東急ビル4階
・URL : http://www.aainc.co.jp
・設立 : 2005年8月30日
・事業内容 : ソーシャルテクノロジーによるマーケティング支援事業

<アライドアーキテクツとは>

アライドアーキテクツは、ソーシャルテクノロジーによる生活者マーケティングの実現を支援します。2005年の創業時から一貫して生活者を社会の主役と位置づけ、企業とのつながりを生み出す多様なマーケティング支援サービスを開発・提供しています。累計4,000社以上への支援を経て得られた豊富な実績・知見を活用し、世界中の生活者と企業のつながりを創出しています。2012年よりグローバル展開を開始し、現在はアジアや欧米など世界に向けてサービスを提供しています。
* 本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。