German Bionic Cray Xパワースーツが鋳造メーカー ⽇本鋳造株式会社の鋳鋼⼯場での製品検査⼯程で活躍、 繁忙期の負荷低減に取り組む

IT技術の導⼊、設備のIoT化の⼀環で、労働環境改善や⽣産性向上に取り組みとして、Cray Xパワースーツを導⼊

『かわさき新産業創造センター(KBIC)』(所在地:神奈川県川崎市)に川崎事業所を置きロボティック・パワースーツを提供するGerman Bionicの⽇本法⼈GBS株式会社(本社・東京都中央区)と、JFEグループの鋳造メーカー⽇本鋳造株式会社(本社・神奈川県川崎市)は、2022年1⽉よりCray Xパワースーツを⽇本鋳造の鋳鋼⼯場(川崎市川崎区)に導⼊致しました。繁忙期を迎える公共事業関連向け製品の検査⼯程からCray Xパワースーツの活⽤を始め、製造⼯程での活⽤も予定されています。

⽇本鋳造でのCray X活⽤シーン
⽇本鋳造でのCray X活⽤シーン

鋳鋼⼯場は、同社の主⼒⼯場として京浜⼯業地帯の中⼼に位置、設計から製品の組⽴にいたる鋳造製品の⼀貫⽣産体制を確⽴した総合プラントです。最新鋭の設備と製造技術、卓越した技能により、数キロのものから数10トンに及ぶ⼤型鋳鋼品まで⽣産供給しています。2021年より積極的に進めているIT技術の導⼊、設備のIoT化の⼀環で、労働環境改善や⽣産性向上に取り組む⼀環として、今回のCray Xパワースーツの導⼊となりました。

Cray Xを活⽤した鋳造品の取り扱い
Cray Xを活⽤した鋳造品の取り扱い

Cray Xパワースーツ導⼊の背景

鋳造品の取り扱いには最新の設備が導⼊されているものの、出荷までの⼯程のうち⼀部においては⼿作業での製品の取り扱いが⾒られます。重量物の⼿作業での取り扱いは負担の⼤きな作業であることに加え、シーズナリティのある公共事業向け製品を取り扱う現場では時間的なプレッシャーもあり、労働環境改善の取り組みが⽋かせません。⼤きな持ち上げ⽀援を提供するCray Xパワースーツが、安全で健康的な職場づくりと⽣産性の向上に役⽴つことを期待しての導⼊となりました。また、第5世代製品での防塵防滴対応も鋳造メーカーとしては⼤きなアピールポイントとなりました。

 German Bionic Cray X
German Bionic Cray X

German Bionic IOコネクテッド・プラットフォームの活⽤

パワースーツの導⼊⽀援では、German Bionic IOコネクテッド・プラットフォームが活⽤されています。同社の本社オフィスからブラウザを介して、⼯場内の装着者の利⽤時間や、1時間当たりのサポート総量などをデータとして確認できます。これにより作業の負担を確認するばかりではなく、繁忙期に置きがちなオーバーペースな作業などを特定し、働きかけに活⽤されています。製造⼯程でのCray Xパワースーツ活⽤については、さらなるデータ活⽤が期待され、将来的には⼈員配置の最適化につなげることができるものとなります。

鋳鋼⼯場外観
鋳鋼⼯場外観

German Bionic Cray X導⼊への期待

⽇本鋳造株式会社企画管理部⻑の古野好克⽒は「労働環境の改善を進めたいと考えていたところ、Cray Xパワースーツに出会いました。トライアルの結果、予想を超えるユーザビリティ、DX化の進歩を認めたため、即採⽤となりました。 今後の適⽤拡⼤も検討中です。」とコメントしています。また、同社品質保証部⻑の加藤彰⽒は「Cray Xは作業者に合わせカスタマイズでき、着⽤時にも⾃然なフィット感が得られるとの声があがっています。慣れてくれば、作業内容にも合わせた最適化ができそうで、体への負担がより軽減されることを期待しています。Cray Xを装着することで、作業もはかどり、⽣産性の向上に効果が出始めています。」と続けます。

Cray X装着イメージ
Cray X装着イメージ

⽇本鋳造株式会社について

⽇本鋳造株式会社は、京浜⼯業地帯の⽣みの親である浅野総⼀郎氏により、1920年に設⽴された鋳造会社です。鉄鋼などの基幹産業や様々な産業機械の分野に鋳物部品を提供、1960年代後半には建設分野にも使⽤される鋳物部品の製造を開始し、橋梁や建築物にも数多い採⽤実績がございます。東京スカイツリーや⽻⽥空港、東京モノレールなど、国内主要プロジェクトにも当社製品が採⽤されています。また最近では、独⾃の低熱膨張材や⾼強度材料といった⾼機能⾦属材料分野にも、⼤きく⼒を注いでいます。

German Bionic について

Cray Xスマート・パワースーツは⼈の知性と機械のパワーを組み合わせ、装着者の動作をサポート/強化することで、職場での事故や筋⾁の圧迫による疾病を予防します。ドイツ・アウグスブルクに本社を置き、ベルリンとアメリカ・ボストン、⽇本国内には東京と川崎市幸区に拠点を置くGerman Bionicは、欧州で初めてのこうしたイノベーティブな装着ロボットの量産メーカーで、ロボティック・パワースーツをロボティック・アズ・ア・サービス(RaaS)を提供する世界初の企業です。詳細については、https://www.germanbionic.com/jp/をご覧ください。

GBS株式会社のプレスリリース⼀覧

https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/48059

GBS株式会社

本社 〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 Ginza Sixオフィス棟13F
川崎事業所 〒212-0032 神奈川県川崎市幸区新川崎7-7 新川崎・創造のもり AIRBIC A39 電⼦メール: sales-jp@germanbionic.com
電話: 03-4405-2363

KBIC概要

かわさき新産業創造センター(通称:KBIC)は、「新川崎・創造のもり」内に川崎市がベンチャー企業や企業の新分野進出の支援を目的とし整備した首都圏最大級のインキュベーション施設。現在、施設には50社を超える企業や大学の研究室が入居しており、入居企業の成長支援やオープンイノベーションの推進を行っている。
https://kawasaki-sozonomori.jp/