10月27日、イノベーション主導の成長が世界の農業用トラクター市場にもたらす変革について発表しました

フロスト&サリバン最新レポート:Mobility, Agricultural Tractor

2023年10月27日 – 本社を米国に置き、グローバル市場調査とアドバイザリーを提供するフロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(東京都港区/以下、フロスト&サリバン)は、「イノベーション主導の成長が世界の農業用トラクター市場にもたらす変革(Innovation-led Growth to Transform the Global Agricultural Tractor Market)」に関する調査レポートを発表いたしました。

精密農業、電化、自動化/ロボット工学、自律型トラクターの進歩と、デジタル アドバイザリー、オンライン マーケットプレイス、P2P レンタルおよびリースなどの新しいビジネスモデルが複合的に、世界の農業用トラクター・エコシステムを揺るがすことになるでしょう。

世界の農業用トラクター市場は、イノベーション主導での成長真っ只中にあります。精密農業、電化、オートメーション・ロボット工学、自律型トラクターの進歩と、新たなビジネスモデルが並行して、収益成長を力強く支えることになるでしょう。インドや中国などの発展途上市場が販売量拡大への大きなポテンシャルを示す一方、ヨーロッパや米国の先進市場は技術とビジネスモデルの変革の先頭に立つことになります。

変革的な影響

私たちの調査では、世界の農業用トラクター市場に影響を与える革新が起こっている 5 つの主要分野に焦点を当てています。

1 つ目は精密農業です。これは、生産性、作物収量、運用効率、資源利用、農場管理、トラクター群間の追跡と、接続性を向上させるために組み合わされる一連のテクノロジーです。これらのテクノロジーは、人件費、水の使用量、温室効果ガス (GHG) 排出量の全体的な削減にも役立ちます。
農業ロボットは新しい農業技術に不可欠なものとなるでしょう。たとえば、リモートセンシングと垂直農業によるメリットにより、ロボット工学が農業の重要な側面として位置づけられるようになっています。

2020年代の終わりに向けて自律型トラクターが登場すると、伝統的な農業慣行が変わると考えられます。精密アグリテクノロジーを有機的に拡張した自律型トラクターは、次のようなメリットをもたらします。まず、肉体労働の必要性を最小限に抑え、農業部門を悩ませている根強い労働力不足に対処するのに役立つでしょう。これにより効率と生産性が向上し、安全性が向上し、排出量が削減され、人件費が削減され、燃料と肥料の使用が最適化されます。また、農家はより多くの情報に基づいた意思決定を行うことができると同時に、大幅なコスト削減が可能になります。ただし、初期段階では複数の困難を引き起こす問題が発生する可能性があることに注意が必要です。規制上、技術上、サイバーセキュリティ上の懸念にも対処する必要があるにもかかわらず、初期テクノロジーは従来の同等のものよりも高価であるため、主にコスト問題が挙げられます。自動運転トラクターは、商用化の初期段階では従来のトラクターよりも高価になることが予想されます。

脱炭素化とイノベーションという 2 つのトレンドは、今後も農業用トラクターメーカーの中心的な関心となるでしょう。いくつかの技術的な取り組みは現在、農業用トラクターの炭素排出量の軽減に重点を置いています。その結果イノベーションは、パワートレインの電動化、エンジンの改良、ディーゼルからバイオディーゼルや再生可能エネルギーなどの代替燃料への切り替え、さらにはPTOの電動化、不耕起技術、可変速度アプリケーション、トラフィックファーミング制御装置などのトラクター作業具の入れ替えという形で行われています。

技術面での革新には、ビジネスモデル面での変革も伴います。顧客とOEMの関わりを深めることが、最も重要な目標です。たとえばデジタルアドバイザリーは、機器の選択や技術統合のアップグレードからアフターマーケットサポートに至るまで、さまざまなサービスがすべてデジタルで提供される新しいパラダイムです。現在、北米やヨーロッパなど農業部門がより発展した地域では、デジタル配信における世界的なベストプラクティスが確立されつつあります。

農業用トラクターおよび、農業市場を変革している他の新しいビジネス モデルには、農業従事者と、特に小規模所有者が短期間専用の機器をリースおよびレンタルできるようにするP2P融資が含まれます。ブロックチェーン技術は農産物の追跡機能を強化し、それによってサプライチェーンの問題、環境、社会、ガバナンス(ESG)関連の懸念、持続可能な調達の需要に対処しています。

小売の概念も変化しつつあります。OEMの販売プラットフォームは、従来の実店舗からオンライン・マーケットプレイスを通じた顧客直販チャネルへと多様化しています。 一方、オンラインプラットフォームは、機械化された機器、部品、付属品の貸し出しや共有を容易にしています。

こういった新しいビジネスモデルは、機器のライフサイクル全体にわたって、より多くの選択肢、より多くの価値、より多くの収益の可能性をもたらします。例えば、ジョンディア社のSaaS(Software as a Solution)と自律走行トラクター向けアグリテック・サブスクリプション・サービスや、Mahindra社の「サービスとしての農業」は、農業とトラクターの分野全体で、企業が単なるトラクター・メーカーからサービス・プロバイダーへと進化しているWin-Winの状況を浮き彫りにしています。

キーは異業種コラボレーション

当社の調査によると、主要な発展途上国における機械化の義務と高い農業需要によって、収益と販売数量の両方が短期的には刺激を受けることが明らかとなっています。長期的な成長は、先進国における技術の進歩と堅調な農業の普及に関連しており、新興市場における自動化の急務や「グリーン」インセンティブとも結びついている。
変化のスピードが速いため、大手企業が競争力を維持するためには、パートナーシップや無機的な成長戦略の追求が必要となるでしょう。例としては、Deere & Company による Blue River Technology および Bear Flag Robotics の買収、CNH Industrial N.V. による Raven および AFS Connect の買収などが挙げられます。必ずこれは市場の統合をもたらします。同時に、新興企業はニッチな製品や対象を絞ったソリューションによりエコシステムが破壊される可能性があります。

農業セクターの変革に伴い、有機的および無機的成長の両方が起こり、トラクター OEM、新興企業、デジタル ソリューション プロバイダー、電池メーカー、公益事業会社、リース・金融組織などの間で業界を超えたコラボレーションが今後も見られるでしょう。世界の農業用トラクター分野は今後、相次ぐ合併、買収、戦略的パートナーシップ、販売店契約、ブランド契約といった特徴が顕著となるでしょう。

英語原文:Innovation-led Growth to Transform the Global Agricultural Tractor Market

本リリースの全文は、フロスト&サリバンHPからもご覧いただけます。https://bit.ly/471wL5S

【フロスト&サリバンについて(本社:米国)】

フロスト&サリバンは、60年以上に渡り、フォーチュン1,000社、行政機関、投資家に向け、持続可能な成長戦略の策定をご支援してきました。経済情勢の変化に即応すると共に、破壊的技術を見出し、新たなビジネスモデルを立案することで、将来の成功へと導く革新的な成長機会を創り出します。

フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社

設立:2014年1月
沿革:2009年3月 日本支社「フロスト&サリバン インターナショナル」設立
   2014年1月 日本法人「フロスト&サリバン ジャパン株式会社」設立
代表者:山村浩(代表取締役)
所在地:〒107-6123 東京都港区赤坂5丁目2番20号 赤坂パークビル23階
URL: https://frost.co.jp/

本リリースに関するお問い合わせ

フロスト・アンド・サリバン株式会社PR事務局(SivanS株式会社内)
担当:浦
Email: marketing.jp@frost.com