調理ロボット市場は、さまざまな種類のロボットを料理用途に戦略的に導く新しい概念です。

調理ロボット市場は、食品の準備に使用するために特別に設計されており、食品を汚染しない食品グレードの材料で特別に構築されています。

Research Nester Private Limitedは調査レポート「調理ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」」2020年7月 20日 に発刊しました。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

市場レポートのサンプルをリクエストする@ https://www.researchnester.jp/sample-request-2617

調理ロボットは戦略的に、調理用途にさまざまなタイプのロボットを誘導する新しい概念です。これらのロボットは、特に食品の調理に使用するように設計されており、特に食品を汚染しない食品グレードの材料で構築されています。調理ロボットは、スカラロボットのような単一の腕のロボットにすることも、複数の機能を備えた協調ロボットにすることもできます。調理用ロボットには通常、人工知能技術が搭載されており、レストランのフードチェーンでさまざまな種類の料理の準備に使用できるように、ロボットの採用を促進しています。グローバルな調理ロボット市場は、ホテルやホスピタリティ業界における自動化のトレンドの高まりおよび、プロセスの自動化のためのいくつかの大規模なレストランチェーンによる投資の増加と相まって成長しています。

アメリカ合衆国の国勢調査局の統計によると、米国の小売および食品サービスの売上高は、2010年の4283737百万米ドルから、2018年の6023408 百万米ドルに増加しました。

世界の調理ロボット市場は、2021年から2028年の予測期間、中に大幅ななCAGRを記録すると予想されます。

調理ロボット市場は、ロボットタイプ別(多関節、協調、デカルト、スカラ、平行、円柱など)、ペイロード別(低、中、高)およびアプリケーション別(ピックアンドプレース、処理、パッケージングなど)などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

調理ロボット市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域よってに分割されています。

調理ロボット市場は、地域に基づいてさらに区分されます。

・北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
・ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

市場レポートのサンプルをリクエストする@ https://www.researchnester.jp/sample-request-2617

エンドユーザー産業全体でのロボットの採用の拡大

国際ロボット連盟(IFR)の統計によると、世界中のグローバルロボット設備は、2018年に6%増加して422,271台になり、これは165億米ドルの価値があると記録されました。さらに、2020年から2022年にかけて平均12%の年率で成長することにより、2022年末までに約583,520台に達すると予測されています。人工知能(AI)と機械の進歩に裏打ちされた、モノのインターネット(IoT)とモノのインターネット(IIoT)、インダストリー4.0の成長傾向とともに、いくつかのエンドユーザー産業における産人工知能(AI)と機械学習(ML)の進歩により、エンドユーザー業界全体でロボットの採用が増加しています。ロボットはプロセスを自動化するのに役立ち、さらに効率を高め、企業が競争力を獲得し、利益を最大化できるよう支援します。

レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「調理ロボット市場」というタイトルのレポートは、調理ロボット市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

主要企業

さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のmarket name市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。調理ロボット市場における業界のリーダーはMiso Robotics、KUKA AG、Mechanical Chef、Admatic Solutions (RoboChef)、Moley Robotics、Sereneti、UBTECH Robotics, Inc.、Yaskawa America, Inc.、Nymble、Suzhou Seton Home Automation Co., Ltd. (MegCook)などです。

調査レポートはさらに、Y-o-Y成長率、市場規模と価値、その他の予測数値など、セグメントに関するいくつかの定量的データを示しています。

このレポートの詳細については、ここをクリックしてください@ https://www.researchnester.jp/reports/cooking-robot-market/2617

リサーチ・ネスターについて

リサーチネスターは、戦略的な市場調査とコンサルティングのリーディングサービスプロバイダーです。私たちは、業界、コングロマリット、経営幹部が将来のマーケティング戦略、拡大、投資などについて賢明な決定を下すのに役立つ、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。私たちは、すべてのビジネスが新しい地平線に拡大し、適切なタイミングで適切なガイダンスが戦略的な頭脳を通じて利用可能であると信じています。私たちの箱から出してすぐに使える考え方は、クライアントが将来の不確実性を避けるために賢明な決定を下すのに役立ちます。

お 問い合わせ

AJダニエル

Eメール: info@researchnester.jp
米国の電話番号: +1 646 586 9123
英国の電話番号: +44 203 608 591