危機管理マニュアルはどうやって作成する?ポイントや流れを解説

企業は、インターネット上での誹謗中傷、従業員の不祥事などのコンプライアンス違反、取引先の倒産など、自然災害、多種多様なリスクに日々さらされています。

これらのリスクが現実化した場合、日ごろから危機管理への取り組みによって、企業の明暗が分かれることも少なくありません。

企業が危機に適切に対応して乗り越えて成長していくためには、あらかじめ実効性のある危機管理マニュアルを作成しておくことが重要です。

本記事では、主に災害が発生したときのための危機管理マニュアルについて、作成方法やポイント、流れを解説していきます。


AIが記事を作成しています