いよいよ職域接種受け付けも開始!企業で新型コロナワクチン接種「職域接種」を行う産業医とは? “産業医”と“医師”の違いも解説

ヴェリタスジャパン、「産業医ラボ.com」コラム更新のお知らせ

 企業のヘルスケアをサポートする産業医ラボ.comを展開する株式会社Veritas Japan(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中川隆太郎、以下産業医ラボ.com)は、「産業医」についてご紹介するコラムを更新しましたのでお知らせいたします。

 新型コロナワクチン接種を職場や大学でうける「職域接種」の首相官邸HPにおいての受け付けが8日より始まり、1,000人以上の企業を対象に産業医が新型コロナワクチン接種を行う「職域接種」が話題になっています。産業医ってなに?医師と何が違うの?など、聞いたことはあるけど、あまり知られていない”産業医”について当社YouTubeチャンネル『産ラボチャンネル』の動画を交えてご紹介いたします!




■産業医とは?

産業医は、労働者が健康に就労できるような支援を行っています。
産業医の活躍を主に期待できるものとして、健康診断とその結果に基づく措置、治療と仕事の両立支援、ストレスチェック制度や長時間労働者に対する面接指導などがあります。 産業医は労働者の健康管理等を行う役割を担っています!

『産ラボchannel』 産業医とは?

出典:厚生労働省 産業医ができること https://www.mhlw.go.jp/content/000501079.pdf


■産業医と医師の違いは?

上記の表を見てみると、産業医と医師は役割が全く違うのが分かると思います。医療行為を行う対象者が産業医は「労働者」に対し、医者は病気を患っている「病人」であることです。また、産業医は治療を行わずに指導やアドバイス、就労可否などの判断を行い、治療が必要な場合は医療施設を紹介します。

『産ラボchannel』 産業医と医師の違いは?


■産業医の設置義務とは?

従業員の数が50名以上の企業では産業医を設置することが労働安全基準法により義務付けられています。また従業員数49人以下の中小規模の事業場でも健康管理や職場環境管理の重要性が問われています。

49人以下の事業場は*実質無料で産業医を設置することができます。*助成金利用の場合

産業医ラボ.comでは、産業医に関するご相談や会社に合わせた最適な産業医のご紹介を行っております。

「職域接種」についてのご相談も承っております。
詳しくは下記HPをご覧いただき、お気軽にお問合せください!

産業医ラボ.com

出典:厚生労働省 産業医について ~その役割を知ってもらうために~
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000103897.pdf


Veritas Japan 会社概要

・ 会社名:株式会社 Veritas Japan
・ 代表者:代表取締役 中川隆太郎
・ 所在地:〒231-0015 横浜市中区尾上町 6 丁目 87 番地 3 産経横浜ビル3階
・ 事業内容:産業医紹介、メンタルヘルス対策、医療コンサルタント事業 他
・ 公式HP:https://www.corivapartners.com/field-veritasjapan