「あいちワーク・ライフ・バランス推進運動2020」に 賛同する企業を7月1日から11月30日まで募集

あいちワーク・ライフ・バランス推進協議会では、仕事と生活の調和が実現した社会づくりを目指して「あいちワーク・ライフ・バランス推進運動2020」を実施します。
この運動では、テレワークを始めとする多様な働き方や「新しい生活様式」を踏まえた職場環境整備等8つの取組で御賛同いただける事業所等を募集しています。

サイトトップページ
サイトトップページ

昨年度までの運動に賛同し、取組を実施した事業所からは「残業時間の削減」、「年次有給休暇の取得率向上」、「管理職の意識改革」等の効果が得られ、効率的な業務遂行および生産性の向上に繋がった、という声が挙がっています。
運動に賛同することで、働き方を見直すきっかけになります。

(1)募集期間
2020年7月1日(水)から2020年11月30日(月)まで (必着)

(2)賛同を募る8つの取組(取組は1つからでも参加できます。具体例は参考です。)
A 多様な働き方

具体例

●テレワーク・時差勤務の実施
●短時間勤務制度の導入

B 年次有給休暇の取得促進

具体例

●管理職による取得の呼び掛け、取得実績の見える化
●プラスワン休暇、計画的付与制度、時間単位付与制度の活用

C 時間外労働の削減

具体例

●残業の多い社員との面談やサポート
●多能工化による業務平準化

D 定時退社
11月第3水曜日は県内一斉ノー残業デー

E 「新しい生活様式」を踏まえた職場環境整備

具体例

●3密(密集・密接・密閉)回避への配慮(集会や会議等への参加人数の見直し 等)
●手指消毒液や透明フィルム等の設置

F 育児、介護、病気等の治療との両立支援や離職した人の復帰支援

具体例

●「育児・介護休業法」に基づく社内制度の整備
●両立に関する理解促進を図る研修会等への参加、各種相談対応者の明確化
●育児・介護等で退職した人の職場復帰を促す再雇用制度の検討

G メンタルヘルス対策

具体例

●メンタルヘルスケアに関する研修会等への参加や情報提供の実施
●ストレスチェック及び面接指導の実施

H 管理職や従業員の意識改革

具体例

●ワーク・ライフ・バランスに関する自社の姿勢や支援制度を周知
●管理職を対象とした部下のマネジメント研修(イクボス養成研修等)を開催

(3)対象
愛知県内の企業、団体、事業所

(4)申込方法
「あいちワーク・ライフ・バランス推進運動2020」WEBサイト内の申込みフォーム、又は「賛同申込書」に必要事項を御記入の上、郵送又はFAXにて、お申し込みが可能です。
なお、「賛同申込書」は、以下のWEBサイトからダウンロードできます。
○「あいちワーク・ライフ・バランス推進運動2020」WEBサイト
https://famifure.pref.aichi.jp/aichi-wlbaction/
○郵送・FAX
【郵送】〒460-8501 愛知県労働局労働福祉課
          仕事と生活の調和推進グループ
【FAX】052-954-6926

※承諾をいただいた賛同事業所は、「あいちワーク・ライフ・バランス推進運動2020」WEBサイトで紹介させていただきます。

ノー残業デーマーク
ノー残業デーマーク