リモートアクセスサービス「RemoteView」、 画面キャプチャ・撮影を通した情報漏えいを防ぐ電子透かし機能追加でセキュリティ強化

転載防止の透かし文字を画面上に表示することで「誰が」「何を」キャプチャしたかの追跡が可能に

RSUPPORT(アールサポート)株式会社(東京都港区、代表取締役:徐滎秀、以下「RSUPPORT」、URL:https://www.rsupport.com/)が提供するリモートアクセスシステムRemoteView(https://content.rview.com/ja/)において、遠隔制御中のパソコン画面上にユーザーやPC情報等を表示して漏えいを防止する機能を追加したことをお知らせします。

設定した情報を遠隔制御中のPC画面に半透明テキストで表示
設定した情報を遠隔制御中のPC画面に半透明テキストで表示

今回のアップデートでは、Webコンソール上で設定した情報を遠隔制御中のパソコン画面に半透明のテキストとして表示することで、情報漏えいを防ぎ、より安全な利用が可能になります。

感染症対策や働き方改革としてのテレワークにおいて、最も懸念されがちな事項がセキュリティです。情報漏えいへの対策は今や必須であり、企業や個人の重要な情報資産の保護のためにも、本「透かし機能」は役立つものと考えております。

透かし文字を画面上に表示させることで、スマートフォンのカメラによる画面盗撮やPCの画面キャプチャ撮影時にも、「いつ」「誰が」「どこで」「何を」キャプチャしたのかが分かるようになり、安心してリモートアクセスツールを利用できるようになります。
また、表示するテキスト内容、文字のサイズやレイアウト等はカスタムが可能なため、業務の邪魔にならないよう工夫して表示することができます。

RemoteViewは、国内18,000社以上の企業に導入されており、テレワークから営業ツール、遠隔メンテナンスまであらゆる場面で活用できるリモートアクセスツールです。今後も、より多くのお客様に安心でセキュアなサービスを提供してまいります。

■リモートアクセスサービス「RemoteView」とは
RemoteViewは、手元のデバイスから会社のPCにセキュアに接続し、遠隔で操作することができるリモートアクセスツールです。テレワークや自然災害などの緊急時にもオフィスのデスクトップPCを自宅PCから接続してファイルを開いたり、業務用システムを使用できます。セキュリティ面で厳しい基準を要求される金融機関でも採用されており、安心・安全な遠隔アクセスを提供します。

■会社概要
会社名   :RSUPPORT株式会社
設立 :2006年4月
代表者 :徐 滎秀(ソ・ヒョンス)
所在地 :〒105-0001東京都港区虎ノ門1-2-20 第3虎の門電気ビル7階 (日本法人)
事業内容 :ウェブ基盤のリモートコラボレーションソリューションの開発とシステムの構築
主要サービス : リモートデスクトップツール RemoteView
https://content.rview.com
Web会議システム RemoteMeeting
https://www.remotemeeting.com
リモートヘルプデスクツール RemoteCall
https://www.remotecall.com