令和5年度(第39回)光雲祭(文化祭・体育祭)を開催 4年ぶりに声出しを解禁し、応援合戦やダンスパフォーマンスを実施

令和4年度(2022年度)の応援合戦の様子
令和4年度(2022年度)の応援合戦の様子

近畿大学附属和歌山高等学校・中学校(和歌山県和歌山市)は、令和5年(2023年)9月14日(木)・15日(金)に文化祭、21日(木)に体育祭を開催します。今年の光雲祭(こううんさい)のテーマは「自由 ~うるせぇ、いいから青春しろ!~」で、全校生徒1,573人が参加します。

【本件のポイント】
●4年ぶりに応援の声出しを解禁し、コロナ禍以前の形態での光雲祭を開催
●体育祭での学年クラスを超えて行う応援合戦は圧巻のパフォーマンス
●地元の製茶会社「玉林園」とコラボし、生徒が作成した動画の放映と「グリーンソフト」を販売

【本件の内容】
近畿大学附属和歌山高等学校・中学校では、毎年9月に「光雲祭」として文化祭・体育祭を同時開催しています。今年は、応援の声出しを解禁するなどコロナ禍以前の光雲祭の姿が戻り、より生徒の自主性を生かした取り組みとして実施します。文化祭実行委員会の生徒が主体となって企画し、文化祭では、オープニングを飾るダンス部によるパフォーマンスのほか、各クラスの模擬店や有志による発表を行い、最終日には吹奏楽部がSNSバズリメドレーを演奏します。また、体育祭では、学年クラスを超えて行う応援合戦が圧巻です。
さらに、中学1年生は現在「観光」をテーマに地域の企業とのコラボやイベントに参加しており、その一環として、和歌山県民なら誰もが知る製茶会社「玉林園」をテーマに作成した動画を放映し、抹茶入りソフトクリーム「グリーンソフト」をオリジナルクイズ付きで販売します。また、今年8月には、4年ぶりに保護者が参加する「保護者の作品づくり」を開催、制作したアートフラワー作品展示も行います。

【開催概要】
日時 :<文化祭>
    令和5年(2023年)9月14日(木)・15日(金)
    8:55~14:45(15日は9:00~)
    <体育祭>
    令和5年(2023年)9月21日(木)9:10~16:10
場所 :近畿大学附属和歌山高等学校・中学校
    (和歌山市善明寺516、JR阪和線「和歌山駅」から
     和歌山バス約15分「近畿大学附属和歌山校前」すぐ)
参加者:全校生徒1,573人、保護者

【主なプログラム】
■9月14日(木)
・ダンス部(9:15~9:45)
Let’s dance! We’re shining!! 毎年恒例、今年もオープニングを飾ります。

■9月15日(金)
・中学3年生(有志)ダンス(11:10~11:25)
韓国のガールズグループITZYの「WANNABE」「ICY」を踊ります。ダンスブレイクに注目。
・吹奏楽部(13:00~13:30)
吹奏楽の世界へようこそ! SNSバズリメドレーで最終日を締めくくります。
・玉林園の抹茶入りソフトクリーム「グリーンソフト」の販売(9:00~13:30)
オリジナルクイズ付きで販売します。

■14日(木)・15日(金)開催
・「グリンちゃんの旅日記」動画放映(14日 10:30~14:00/15日 9:00~12:30)
和歌山県民なら誰もが知る「玉林園」をテーマに、マスコットキャラクター・グリンちゃんを主人公に作成した動画を放映します。
・保護者による作品展(14日 10:00~16:00/15日 10:00~14:00)
今年8月に、4年ぶりに開催した「保護者の作品づくり」で制作したアートフラワー作品など、多数の作品を展示します。

■9月21日(木)
・応援合戦(12:40~13:20)
全校生徒が4つのブロックに分かれ、工夫を凝らした応援合戦で盛り上げます。体育祭で一番の見どころです。
・集団行動(13:20~13:30)
中学3年生男子が、集団で行動する美しさを表現します。

【関連リンク】
近畿大学附属和歌山高等学校・中学校
https://www.hwaka.kindai.ac.jp/