ミラロボRPAが物流業の業務自動化を推進!

~物流業向けの事務処理自動化支援サービスを開始~

企業の職場幸福度向上のための効率化支援を行う株式会社タイタンコミュニケーションズ(東京都荒川区、代表取締役 林秀紀)は、物流業向けの事務処理自動化支援サービスを開始しました。

荷主や取引先ごとに煩雑なやりとりが毎日発生する物流業界における事務処理の業務は、人材不足によって年々負荷が増しています。
そこで同社は、自社のRPA(Robotic Process Automation)である「ミラロボ」と、業務と自動化状況の可視化を行う「ミラロボマネージャー」によって、物流業務における配送依頼や出荷指示、実績集計、請求処理といった煩雑な事務処理の自動化を支援します。

RPAシナリオ作成時間が大幅短縮

ミラロボRPAを利用している物流企業は、タイタンコミュニケーションズが提供するネット上の業務可視化プラットフォーム「ミラロボマネージャー」に、自動化したい自社業務の手順を登録すると、ミラロボ・サンプルシナリオ作成チームがその業務を自動化するためのRPAシナリオ(RPAを実行するための指示プログラム)を作成してユーザー企業に提供します。

ユーザー企業はサンプルシナリオをベースにしてRPAのシナリオ構築ができるため、シナリオ作成初期段階の時間と手間が大幅に軽減されます。
また、ユーザー企業内でRPAシナリオを作成する担当者に必要とされている高度なスキルも不要なため、既存人員への教育時間とコストが抑えられ、早期に自動化の成果を得やすくなります。

さらに、事務処理によくある事例サンプルのシナリオも公開されており、当社のRPAサービスを利用した事例が増えるほど、ユーザー企業にとってのメリットが増加していくことにつながります。
物流業界の業務負担を軽減し、本来人が注力すべき業務や、従業員成長のための取り組みに充てる時間を創出し、職場幸福度の向上を目指します。

利用料金

ミラロボ利用料:月額5万円(税別)
ミラロボマネージャー:月額1万円(税別)※ミラロボ利用企業は6か月間無料!
サンプルシナリオ作成サービス:無料(ミラロボ利用企業への提供となります)

※ミラロボ契約時に初期費用10万円(税別)が別途必要となります。

AI-OCRで紙伝票のデータ化

今後は、複数のOCRベンダーとも提携し、AI-OCRを活用した紙伝票のデータ化支援にも取り組みを強化します。
紙伝票がデータ化されれば、付随するチェック業務などを外部委託することも可能になります。
当社では、全国の障害者就労支援事業者とも連携した受託サービスを展開中で、OCRでデータ化された伝票情報の読み取りチェックを受託し、物流現場の効率化による職場幸福度向上とともに、社会的な就労機会創出も行います。

常に柔軟な業務対応が要求される物流業界において、様々なアプローチを組み合わせながら、物流企業社内の従業員負担軽減と社会の幸福度向上を同時に目指します。


【本サービスに関するお問い合わせ】

株式会社タイタンコミュニケーションズ
担当:林・大角
E-mail:request@titan-com.jp
TEL:050-6861-0046
https://titan-com.co.jp/