全国140,000人の人事パーソンが選ぶ  日本の人事部「HRアワード2019」 入賞者を決定し最優秀賞選出に向けた投票受付を開始

人事キーパーソンのためのポータルサイト『日本の人事部』( https://jinjibu.jp/ )を運営する株式会社アイ・キュー(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 城)は、人事・人材開発・労務管理などの分野におけるイノベーターを表彰する、日本の人事部「HRアワード2019」( https://hr-award.jp/ )を開催。300点を超えるエントリー・推薦の中から55点の入賞者を決定し、さらに最優秀賞の選出に向けて全国の企業人事からの投票受付を開始しました。

「HRアワード」昨年度の表彰式の様子
「HRアワード」昨年度の表彰式の様子

日本の人事部「HRアワード」とは

日本の人事部「HRアワード」は、人事・人材開発・労務管理などの分野におけるイノベーターを表彰する制度です。新しい取り組みや挑戦を続ける企業人事部やHRソリューション企業、人事担当者にとって有益だと評価されている書籍やサービスを表彰することで、全ての企業や個人のレベルアップと、HR領域の活性化を実現することを目的としています。

企業の経営者や人事担当者、採用・育成関連のビジネスを展開する企業の方など、全国のHRに関わる方々によるご投票結果を基に、選考委員会の承認を経て各賞を決定。その審査プロセスは「透明性が高く納得感がある」と、高いご評価をいただいています。2012年のアワード設立から注目度は年々高まっており、2018年は7,231人の企業人事の方々にご投票いただくなど、HR関連では最も権威のある賞と言われています。

第8回となる今回は300点を超えるエントリー・推薦をいただき、一次選考の結果、55点の素晴らしい取り組みが入賞しました。今後は『日本の人事部』会員の投票結果を基に、選考委員会の承認によって各部門の「最優秀賞」「優秀賞」を選出し、2019年10月下旬に発表します。また、11月14日(木)には、日本最大のHRイベント「HRカンファレンス2019 -秋-」( https://jinjibu.jp/hr-conference/ )を開催中の大手町サンケイプラザで、表彰式を執り行います。

◆HRアワード2019 投票受付フォーム
https://hr-award.jp/

◆HRアワード2019 ノミネート一覧
●企業人事部門      https://hr-award.jp/nominate1.html
●書籍部門        https://hr-award.jp/nominate2.html
●プロフェッショナル部門 https://hr-award.jp/nominate3.html

◆HRアワード2019 選考委員会
●選考委員長
 守島基博 氏(学習院大学 経済学部経営学科 教授)

●選考委員
・坂東眞理子 氏(学校法人昭和女子大学 理事長・総長)
・水田正道 氏(一般社団法人 人材サービス産業協議会 理事長 /
パーソルホールディングス株式会社 代表取締役社長 CEO)
・宮城まり子 氏(キャリア心理学研究所 代表 / 臨床心理士)
・八木洋介 氏(株式会社people first 代表取締役 / 株式会社ICMG 取締役)
・『日本の人事部』編集部

※参考:これまでのHRアワード受賞者
https://hr-award.jp/archive.php

HR領域におけるイノベーターを表彰する本賞に、どうぞご期待ください。