今年のGWは約半数が「10連休以上」! 一方で12%は「連休なし」 GWの予定TOP3は「家でゆっくり」「海外旅行」「買い物」

 総合旅行プラットフォーム「エアトリ」(https://www.airtrip.jp/)を運営する株式会社エアトリ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉村 英毅、以下エアトリ)は、10代~70代の男女990名を対象に「GW10連休の過ごし方」に関する調査を実施しました。
 
 新元号の「令和」も発表され、GWまで僅かとなりました。今年は暦上では過去最長といわれる10連休となりますが、実際はどのくらいの人が何連休となるのでしょうか。また、10連休をどのように過ごすのか気になるところです。エアトリは「GW10連休の過ごし方」について調査を実施しました。
 
 

調査結果概要

調査1:(就業中の人)今年のGWに合わせて有休を取る予定はありますか? 
 「はい」と回答した人は21.2%と約5人に1人が有休を取る予定があることが分かりました。
 
調査2:(就業中の人)GWのお休みの日をすべて選んでください。
 暦通りの休日は、各日約6割から8割以上の人が休みであることが分かりました。少数ではありますが、前後の平日も休みとなる人が約7人に1人いるようです。
 
調査3:(就業中の人)GWは最大何連休ですか?
 10連休と回答した人が最も多く、41.5%となりました。11連休以上を含めると10連休以上の人は約半数の49.4%にも上ることが分かりました。一方で「連休はない」(12.0%)と回答した人が2番目に多く、GWの休みに大きな差が出る結果となりました。
 業種別にみると、10連休以上休みと回答したのは「金融・保険」(80.0%)が最も多く、連休はないと回答したのは「サービス・レジャー」(34.4%)が最も多くなりました。
 
調査4:GWは何をして過ごす予定ですか?【複数回答可】
 「自宅でゆっくり休む」(28.8%)と回答した人が1番多く、次に「海外旅行」(22.0%)、「買い物」(19.5%)と続きました。
 
調査5:2019年のGWは10連休ですがどう思いますか?
 「とても嬉しい・まあまあ嬉しい」(38.4%)と2~3人に1人以上が“嬉しい”と回答し、「全く嬉しくない・あまり嬉しくない」(28.7%)と3~4人に1人は“嬉しくない”と回答しました。11月の同調査※2によると“嬉しい”と回答した人は47.9%おり、10連休が近づくにつれ嬉しいと感じる人は減少傾向にあるようです。
 

調査結果

調査1:(就業中の人)今年のGWに合わせて有休を取る予定はありますか?
 現在就業中の人に、今年のGWに合わせて有休を取る予定があるか聞いたところ、「はい」(21.2%)と回答した人は約5人に1人で昨年の同調査※1と大差ない結果となりました(昨年「はい」(24.4%))。

プレスリリース
プレスリリース

調査2:(就業中の人)GWのお休みの日をすべて選んでください。
 現在就業中の人にGW中の休日を聞いたところ、暦通りの休日は各日約6割から8割以上の人が休日となることが分かりました。特に日曜日である「4月28日」(84.8%)、「5月5日」(84.4%)が休日となる場合が多いようです。  

プレスリリース
プレスリリース

調査3:(就業中の人)GWは最大何連休ですか?
 現在就業中の人にGWは最大何連休になるか聞いたところ、「10連休」(41.5%)と回答した人が圧倒的に多い結果となり、11連休以上を含めると約半数の49.4%もの人が10連休となることが分かりました。
 一方で「連休はない」(12.0%)と回答した人が2番目に多く、GW中の連休に関して大きく差が出る結果となりました。
 業種別でみると、10連休以上となる人が最も多いのは「金融・保険」(80.0%)業界となり、連休がない人が最も多いのは「サービス・レジャー」(34.4%)業界となりました。

プレスリリース
プレスリリース
プレスリリース
プレスリリース

調査4:GWは何をして過ごす予定ですか?【複数回答可】
 GWの過ごし方について聞いたところ「自宅でゆっくり休む」(28.8%)と回答した人が最も多く、次いで「海外旅行」(22.0%)、「買い物」(19.5%)、「国内旅行(宿泊)」(15.3%)、「外食」(14.6%)が続く結果となりました。

プレスリリース
プレスリリース

調査5:2019年のGWは10連休ですがどう思いますか?
 「GW10連休」についてどう思うか聞いたところ、「とても嬉しい」(20.3%)と回答した人が最も多く、「まあまあ嬉しい」(18.1%)と合わせて2~3人に1人以上が“嬉しい”と回答しました。反対に「全く嬉しくない・あまり嬉しくない」(28.7%)と3~4人に1人は “嬉しくない”と回答する結果となりました。2018年11月の同調査※2では“嬉しい”と回答した人は47.9%だったのに対し、GW直前3月の調査では“嬉しい”と回答した人は減少しており、過去最長の連休に対して賛否が分かれてきているようです。

プレスリリース
プレスリリース

嬉しい人の意見
・今後も2019年のような長期連休を作って旅行し易い状況があると嬉しい。  職場での有休を取りにくい雰囲気であるため、国として休みだと助かる。(40代女性)
・ヨーロッパのようなバカンスの習慣になるといいと思います。けど、サービス業の方は大変だと思うので業種ごとのバカンス制度があればなおいいと思います。(50代女性)
・賛否両論あると思うし、職種によって状況は異なると思いますが、共働き夫婦で、それぞれそれなりの大企業に勤めていて、それなりの立場だと、公休の長期休暇じゃないと、同じ時期に休めないので、今回の10連休はとても嬉しいです。(40代女性)
・現在単身赴任中なので、久しぶりに家族と会うことができます。(50代男性)
 
嬉しくない人の意見
・どこも混雑と旅費は高く、家族はずっと家にいるので余計に多忙になる。(60代女性)
・休みの分 仕事がたまってしまうので、全く嬉しくない。(50代女性)
・高齢者には、連休で公的機関が休みになることの方が心配。(60代男性)
・GWは旅行や外出するにも、混雑してるし金額が高いので、それなら普段の平日に有給を取って、行った方がいいなと思ってしまう。また、休みが偏るより、分散してくれる方がいい。(40代女性)
 
※1:https://www.atpress.ne.jp/news/153728
※2:https://www.atpress.ne.jp/news/171193
 

調査概要

調査タイトル            :「GW10連休の過ごし方」に関するアンケート調査
調査対象                 :10代~70代の男女990名
調査期間                 :2019年3月21日~3月24日
調査方法                 :インターネット調査
調査主体                 :株式会社エアトリ