~新型コロナウイルス感染症拡大への対応~ 全国の学童保育受託施設約600カ所で 子どもたちに衛生研修を実施

 総合サービス企業 シダックスグループの事業会社で、放課後児童クラブ・放課後子ども教室を 受託運営するシダックス大新東ヒューマンサービス株式会社(代表取締役社長:関口昌太朗)は、新型コロナウイルス感染症拡大への対応策として、2020年4月1日(水)より、全国約600の学童保育施設に設置している専用のスマートフォン端末を活用し、子どもたちに、スライドや動画、クイズ、チェックリストをベースにした「新型コロナウイルス対策衛生研修」を実施いたします。

トップ画面
トップ画面
コンテンツ例(スライド「手洗い」
コンテンツ例(スライド「手洗い」
衛生研修の様子(イメージ)
衛生研修の様子(イメージ)

 全国の各クラブ・教室で、支援員が専用のスマートフォン端末で、最新の情報に基づいたスライドや動画を子どもたちに見せながら、新型コロナウイルスの基礎知識や、正しい手洗い・うがいの方法、咳エチケット等について楽しく学び、感染予防に努めます。

 シダックスグループは引き続き「すべては未来の子どもたちのために」を変わることなく継承していく価値観とし、“人と人との間にあるサービス企業”として、社会をよりよくするために、人が関わる サービスを高度化・最適化し、新しいソリューションを提案する企業を目指してまいります。